about Toastmasters

What is “Toastmasters Club”?

トーストマスターズとは、スピーチのトレーニングを行うことを主な目的とした、非営利教育団体です。
1924年にアメリカのカリフォルニアで生まれました。

日本では、まだその名をあまり知られていませんが、現在、米国、カナダを中心に、全世界の100カ国以上で約12,500以上の正式クラブがあり、35万人以上が学んでいます。 (2018年1月現在)

国際本部は「トーストマスターズ・インターナショナル(TI)」と呼ばれ、カリフォルニアに置かれています。日本では200以上の正式クラブがあり、延べ4,200人近くの会員がいます(2020年11月現在)。
英語のみで例会を行うクラブ、日本語と英語の両方、日本語クラブがあり、例会の場所や時間もさまざまです。

Why “Toastmasters Club”?

トーストマスターズで得られることは、話し方や英語力の上達だけではありません。「入会して得られたことは何ですか?」と会員の皆さんに聞くと、一例としてよくこのような答えが返ってきます。

パブリックスピーキングスキルの向上

  • 人を動かす、魅力的なパブリックスピーキング力の向上
  • コミュニケーション力全般の上達
  • 人の話を聴く能力の向上
  • 多くの人の前で効果的なスピーチやプレゼンテーションをする力の向上
  • ものごとを考え、自分の考えを表現する力の向上
  • 「コミュニケーションツールとして」英語を用いる能力

リーダーシップスキルの向上

  • 組織を運営するスキル
  • タイムマネジメント(時間管理)スキル
  • イベントなどの企画・運営スキル
  • 仲間と協力し、成果をあげるスキル
  • ステークホルダーを巻き込んで目標を達成するスキル

さらに…

  • 自分への自信
  • ポジティブシンキング
  • 人間関係の向上
  • 普段会えないような、異なるバックグラウンドの人との出会い
  • 楽しみ

他にも人によって、さまざまな学び・収穫があります。

「本当?」「信じられない」と思われた方も、「やってみたい」と思われた方も、まずは一度ご見学されてみてはいかがでしょうか?

関連リンク

東京メトロポリタントーストマスターズクラブについて