Report of the meeting #203

We held regular meeting #203 on June, 23rd.  Detailed minutes coming up soon, so stay tuned!

第202回例会の様子

第202回(2018/6/9)通常例会
日時:2018年6月9日(土) 9:30-11:45
場所:九段生涯学習館

晴天の中、第202回通常例会が開かれました。この日は役員選挙やスペシャルスピーチなど、盛りだくさんの内容。
東京メトロのメンバーの参加は12名、久々に参加の元・東京メトロメンバー1名や、3名のゲストにお越しいただき、計15名が参加しました。

【今朝のトーストマスター(TMOM)】R.Yさん
今日のスペシャルな例会は、R.Yさんによる落ち着いた司会進行となりました。

【今朝の言葉】G.Mさん

M会長によるご紹介。「生まれ変わる/To be reborn」という言葉が紹介されました。

【Good & New】T.Tさん
24時間以内にあった良かったことを共有するウォーミングアップセッション。この日はゲストの皆さんにも満遍なくスピーチしていただきました。

【今週のニュース】G.Sさん
スポーツくじ(プロ野球クジ)の実施見送りのニュースについて紹介されました。過去のスポーツを取り巻く不正賭博事件の流れや直近のクジ導入検討の背景と、
海外のスポーツクジの動向などを織り交ぜるなど、豊かな情報量のもとに丁寧な解説が行われました。

【準備スピーチ】
1人目:S.Hさん スピーチタイトル「読書をはじめます!」(CC#2 Organise Your Speech)
最近読書をはじめてみようと思い立った経緯を踏まえ、読書の良さを以下3点紹介しました。
1.読書で違う人の人生、価値観を体験できる
2.本は社会人の先生になってくれる
3.読書は現実逃避の手段になる

2人目:T.Kさん スピーチタイトル「Finding lost treasure」(CC#9 – Persuade With Power)
ダイビングの楽しみに関するスピーチ。趣味や興味あることで、以前は諦めざるを得なかったことが、今では技術や医療の進展であきらめることなく
挑戦できるようになった、というメッセージをこめてスピーチされました。

3人目:S.Wさん スピーチタイトル「ぼくらが旅に出る理由 2018」(Pathways Level 1 – Ice Breaker)
5年間続けてきたトーストマスターズクラブの活動の中で、「仲間との出会い、協力」を軸に、どうしてこれほど長くクラブ活動を続けてきたか、
という点をスピーチされました。

 

【論評の部】G.Mさん

総合論評はM会長による快活な進行。
各論評者はそれぞれのプロジェクトの目的に沿って評価点・改善点をそれぞれ紹介し、スピーカーにフィードバックを行いました。

また今回はS.Wさんのプロジェクトがはじめての「Pathways」スピーチであり、それに対する論評も実施されましたが、形式としてはこれまでの論評と大きく
かわるところはなく、スピーカー・論評者とコミュニケーションを的確に取ることで、今までと変わらずに論評ができることがわかりました。

【受賞者】
ベスト論評賞:M.Tさん  /   ベストスピーカー:S.Wさん

【役員選挙】

準備スピーチ・論評の部の後は来期(2018.7-2019.6)のクラブ役員を選出する役員選挙を開催しました。会長以下、7名の公式役員と、東京メトロ独自のITチーム
2名
が選出され、全会一致で承認されました。7月からは新しい役員体制の元で、心機一転、新しい東京メトロTMCの運営がはじまります。

 

【スペシャルスピーチ】

東京メトロTMCの創設時からクラブの柱として中心的存在であったS.Mさんがこの6月から米国駐在として赴任することになり、渡米前最後のスピーチが
「スペシャルスピーチ」として特別に披露されました。

米国駐在として赴任するまでの経緯、決断に至るまでの逡巡、そして決断した後の友人、仲間のポジティブな反応と、それを受けてMさんがよりポジティブに
なっていく気持ちの変化と、強く前向きな心持ちがダイナミックに語られました。

締めは、イタリア語のこの言葉

“In Bocca Al Lupo” (死ぬ気でやってこい!)
“Crepi!” (狼くたばれ!)
Mさんの新たなチャレンジに、多くの参加者がエネルギーをもらって前向きな気持ちになれたと思います。

本日の例会はクラブ初のPathwaysスピーチあり、役員選挙あり、スペシャルスピーチありと、特別感のあふれる例会となりました。今回も良い刺激、学びの多い例会でした。

2018年6月10日 S.W 記

 

 

 

第201回例会

第201回(2018/5/26)通常例会議事録

日時:2018年5月26日(土) 9:30-11:45
場所:九段生涯学習館

5月の東京メトロTMCでは役員活動について理解を深めるためのワークショップやディスカッションを展開してきました。

5月第2回目の例会では、前回の例会で行った役員活動のワークショップを踏まえ、今後、クラブで何を目標とし、どのような学び・
活動に取り組んでいくかという点をメンバー限定でディスカッションしました。

トーストマスターズでは「真実の瞬間」というタイトルで、年に一回クラブの現状と今後についてクラブメンバーが話し合う場を設けることが通例となっています。
今回は、トーストマスターズが公式に取り決めている「真実の瞬間」の方法にとらわれず、東京メトロTMC独自の方法にカスタマイズして実施しました。

クラブに入った動機、これまでのクラブ活動で得られた成果や課題、さらには今後伸ばしたい、学びたい課題などをメンバー同士のざっくばらんな雰囲気の中で、
2チームに分かれてディスカッションしました。ディスカッションの成果はチームごとに発表を行いクラブ全体にシェアされました。

今回は準備スピーチ・論評・テーブルトピックスといった通常の例会の内容はありませんが、年1回、クラブやメンバーそれぞれの今と将来を考える良い機会となりました。

なお、次期役員候補者の公示は6月1日に行われる予定で、次回例会では役員選挙が開催されます。
7月から始まる新しい期に向けて、東京メトロTMCは準備を進めています。

文責:S.W (VPE:教育担当)

 

第200回例会

日時:2018年5月12日
場所:九段生涯学習会館

記念すべき200回目となるクラブ例会、TMOM(今日のトーストマスター=例会全体の進行役)はM. Tさん、テーマは「私の~回目、継続の秘訣は」
各担当のロール説明においてテーマに基づいた発表を行い、大いに盛り上がりました。サイレントスピーカーが皆無となり、とても効果的でした。

各役割

TMOM : TM さん
今朝の言葉:T. Kさん 「Sensitive, 敏感過ぎる、過敏」
文法係:S. Hさん ★初挑戦!
えーとカウンター:M. Gさん
タイマー:N. Tさん
集計係:S. Wさん
ゲストマスター:G. Sさん
Good & New:M. Gさん

【準備スピーチ】

Speaker1:R. Yさん「心のブレーカー」
転職して、なんとか貢献したい、と無理をして燃え尽き寸前にまでなってしまった経験から、家庭の電気回路と同じように、限界が来る前に
自分の心のブレーカーを切ってリフレッシュするのも大事、という心にしみるスピーチでした。

Speaker2:G. Sさん「トーストマスターズでやりたいこと」
一メンバーとして、また役員として楽しいクラブの活動ができるよう、色々なアイデアを披露してくれました。

Speaker3:Y. Sさん「習うより慣れろ」 ※Best Speaker
転職後、「無茶振り」されたがそれでもどうにかこうにか食らいついてやってこられた経験を踏まえ、トーストマスターズクラブの役員
もとにかくチャレンジしてみましょう、というポジティブなメッセージでした。

【Comments】

  1. SさんはPass Wayを始動

ワークショップ

  1. Mさんによるクラブ役員への説明

論評の部

総合論評:S. Kさん

Evaluator1:T. Kさん
Evaluator2:K. Tさん※Best Evaluator
Evaluator3:S. Wさん

【GM講評】

経験者3人による、時間内の定評ある論評。TMOMの準備、テーマ選びは大変参考になった。
ワークショップの役員説明も具体的で、気付きの多い内容。文法係の文章抽出によるコメントもよかった。

 

 

 

Minutes for the 195th Regular Meeting

Our 195th Meeting was held on February 24, 2018 at Kudan Lifelong Learning Hall.

Today‘s TMOM was TM KT.
Today‘s Word of the Day was announced by TM RY as “touching” in English and “kandou Saseru” in Japanese. He came up with the word when he was watching the PyeongChang Olympic on TV and moved with the athletes’ achievement.

As the “News of the Week”, TM TT talked about “PyeongChang Olympic 2018”. What he liked about was human connection and friendship built between athletes beyond the borders. And, it made him remind again the importance of our club’s activities with Toastmasters Clubs in Korea. He introduced to us the Japan-Korea Joint Meeting to be held in Tokyo soon. It will be a great opportunity to enjoy and build friendship with the Toastmasters members in Korea.

There were 2 prepared speeches.
First speech was made by TM GM with the title “Hadaka no Oosama”. It was a story telling of an old story “Hadaka no Oosama”, which was different from the usual speech. He made it enjoyable by using effective gestures, body languages, and voice varieties.

Second speech was made by TM HS with the title “The good reputation.” He talked that he has been working hard since his childhood, and he is still working hard even now at work, because he wanted good reputation. Now he realized that he didn’t become who he really was or wanted to be. He decided to quit.

Table Topics Session was conducted by TM MT.
The topics was the PyeonChnag Olympic. Assumed that she was an interviewer and the participants were a real athlete, her coach, brother, rival and best friend, she asked them about how they feel. The theme was timely fit, and it was interesting.

Evaluation session was led by General Evaluator TM SM. Today‘s evaluators for the prepared speeches were TM SW and TM KM.

The Awards were given to the following members;
TM HH for the Best Table Topics,
both TM SW and TM KM for the Best Evaluators, and
TM HS for the Best Speaker.

February 24, 2018, written by TM HH

コンテスタント選考会 (第194回例会 2018/2/10)

第194回例会はクラブからスピーチコンテストに進出するコンテスタント(コンテスト出場者)の選考会を開催しました。

日本語2名・英語2名がエリアコンテストに進出します!

また、選考会と並行して行われたテーブルトピックス(即興スピーチ)は、出題者を3名設定して、「良いスピーチを引き出した質問を作った出題者」を表彰する「テーブルトピックス良問コンペ」を併催。夢のある出題が多かったです。

ゲストも多く参加いただき、盛況の例会でした!

2018.2.13 S.W.