for Members‎ > ‎各役割の説明‎ > ‎

準備スピーカー(Prepared Speaker)

  • 準備スピーカーにアサインされたら?
    • 今朝のトーストマスター、教育担当副会長そして論評者の3名に、スピーチタイトルとプロジェクト番号(例: 基本マニュアル#1の「アイス・ブレーカー」で、タイトルは「私の青春時代」)を2日前までにお知らせください
    • 論評の際に特に注意して見てほしい点(ボディランゲージ、緊張をコントロールしているかどうか、など) があるときは、自分から論評者に連絡しましょう。
    • スピーチを準備する際には、必ずマニュアルを読んでください! トーストマスターズでのスピーチの上達の基本です
  • スピーチの題材について
    • 基本マニュアルの場合、話す内容に特に制限はありません。唯一の例外はアイスブレーカー(入会して初めてのスピーチ)で、内容は自己紹介に限定されます
    • 2番目以降のプロジェクトについては、自分が興味のあること、熱意を持てることを話せば大丈夫です。 人によって、自分のことを話す人、仕事のこと、趣味のこと、本や新聞で読んだことなど、様々です。 他のスピーカーの話を聞いていると、トピックの参考になります。 また、マニュアルにもどのようなトピックを選べばいいのか、プロジェクトごとに書いてありますので、一読してみましょう。迷ったら、経験あるトーストマスターに相談するのも一つの手です
    • 但し、論議の種や会員間の不和につながるような話題は避けましょう。具体的には、クリーンでないジョーク、特定の層の人々を差別・中傷・笑いものにする話題などです。トーストマスターズはあくまで、友好的な雰囲気の中で楽しく学ぶことを目的とした団体ですので、その主旨に沿った題材を選ぶのが好まれます。(時事・社会的な話題は、上記の範囲内であれば問題ありません。 但し、特定の政党、企業や各種団体などの宣伝または誹謗中傷につながるものはご遠慮願います)