for Members‎ > ‎

about Speech Contest / スピーチコンテストについて

  • トーストマスターズクラブにおけるコンテストについて
    ディストリクト76 (日本支部)のウェブサイトに説明が掲載されています。

  • コンテストの実施について
    コンテストは

    クラブ(インハウス)コンテスト
     -> エリアコンテスト
     -> ディビジョンコンテスト
     -> 全国大会
     -> 世界大会(国際スピーチコンテストのみ)

    の順番で展開されます。
    各コンテストの規定の上位者が、上位のコンテストに進出する仕組みです。

  • コンテストの役割について
    ーコンテスタント
    コンテスタントの出場者です。
    コンテスタントになる資格はコンテスト規則に規定されています。

    重要な役割
    ーコンテスト委員長
    コンテストの司会進行を担います。
    通常例会で言うところの「TMOM(今日のトーストマスター)」と似た役割です。
    コンテスト前は必要な文書を準備します。コンテスト当日は司会進行を行います。

    *オーガナイザー(Unofficial Role)
    コンテスト委員長をサポートするために設定されることがあります。
    具体的には、自クラブでまかなえない審査員・ヘルパーを他クラブから
    招聘するためにコミュニケーションを取ることや、
    コンテスト委員長に審査員・ヘルパーの適任者の助言を行うことも
    あります。
    クラブ会長・エリアディレクターなどが担当することが多いです。
    (コンテスト規則には明記されていない役割で、各クラブで任意に設定できます。
     但し、コンテスト規則が絶対的根拠ルールになるため、コンテスト規則に
     違反する行為につながる役割は担えません。)

    ー審査員長
    準備期間中は審査員をとりまとめます。
    コンテスト当日は審査員ブリーフィングを行うほか、
    コンテスト開催前にコンテスタントの適格性証明の報告と
    コンテスト開始宣言を行います。
    コンテストスピーチ終了後は
    計時係から時間報告を受理し、集計係と協力して投票結果をとりまとめます。

    ー審査員
    審査基準に従ってコンテスタントのスピーチを評価します。
    コンテスト前・コンテスト後とも、誰がいつどのコンテストの
    審査員を担うかは他言無用、秘匿することが必須です。
    たとえ全国大会・国際大会の結果まで決定した後でも、
    「自分が・誰がどのコンテストで審査員をやった」という情報は
    絶対に漏らしてはなりません。

    (*同点決勝審査員)

    ーヘルパー
    計時係:スピーチの時間計測を行い、時間報告を審査員長に提出します。
    集計係:審査員から投票用紙を受理し、審査員長と共に投票結果を集計します。
        結果はコンテスト委員長に提出します。
    会場係:コンテストスピーチの間は会場の入退室は禁止となるため、
        会場への入退場者を制限します。
    インタビュアー:コンテストスピーチが終了し、集計時間中に
            コンテスタントにインタビューを行います。
            コンテスタントが提出したプロフィール等と、
            コンテストスピーチをもとにインタビューを行います。
            質問形式・内容に特定の決まりやフォーマットは無いため、
            インタビュアー自身が質問項目を考えます。
            制限時間内(コンテストごとで異なる)に、コンテスタント全員にインタビューを
            行う必要があるため、タイムマネジメントも重要です。
            タイムマネジメントについてはコンテスト委員長・審査員長と
            コンテスト開始前に意識合わせしましょう。
  • 参考資料類
    ディストリクト76ウェブサイト->コンテスト運営サポート
    /http://www.district76.org/ja/
    こちらにコンテストで必要な文書やコンテスト規則(日英)が掲載されています。

  • 準備文書(以下すべて日英ともディストリクト76ウェブサイトに掲載されています)
     役割
    コンテスト委員長
    (オーガナイザー) 
     審査員長
     コンテスタント
    (コンテスト出場者)
     1コンテスタント適格性および独創性証明書
    (予備)
    審査用紙・審査基準
    =審査員人数分用意
    コンテスタント適格性および独創性証明書
    =コンテスタント各自が持参
     2 表彰状
    =必要枚数
    審査委員の適格性証明および倫理規定
    =審査員人数分用意
     
     3 コンテスト入賞者通知書計時記録用紙および計時係に対する指示
    =コンテストごとに1枚
    (日・英コンテストを同時開催する場合は日=1枚、英=1枚 計2枚用意)
     
      集計用紙
    =コンテストごとに1枚
    (日・英コンテストを同時開催する場合は日=1枚、英=1枚 計2枚用意)
     
      同点決着審査用紙
    =コンテストごとに1枚
    (日・英コンテストを同時開催する場合は日=1枚、英=1枚 計2枚用意)
     

以上