2016年


第153回例会(2016/6/25)議事録

2016/07/05 7:41 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2017/02/27 6:56 に更新しました ]



日時: 2016年6月25日 / 9:30-11:45 

場所: 岩本町ほほえみプラザ


「真実の瞬間」ワークショップは前半・後半の2つのワークショップを行い
前半のWorkshop1はTM FM、後半のWorkshop2はTM WSがリードされました。

前半Workshop 1では、まず「真実の瞬間」の説明がありました。
真実の瞬間とは「顧客が企業の価値判断をする瞬間」のことで、例えば
スカンジナビア航空の例では、サービススタッフが顧客と実際に接する時間は
ったの15秒であり、その15秒で顧客が価値を判断しています。

「真実の瞬間」の説明の後、2015年の活動の振り返りを行いました。まずは
先日行ったアンケート結果をシェアしていただきました。
まず、東京メトロに入る前に見学として参加した際の印象について
「親しみやすい雰囲気がある」「活気ある」「自分でもできそう」といった意見が
くありました。

また新入会員のオリエンテーションの希望もあり、タイムリーに
オリエンテーションを実施することが重要ということがわかりました。

そのほか、今後についてCC#10を達成したい人が10名、秋のテーブル
トピックスピーチコンテストに興味があるメンバーが70%ありました。

来期にやってほしいワークショップは「スピーチワークショップ」でこちら
についてはさっそく7/30に英語スピーチ全国大会覇者のTM TNを
お呼びして「スピーチコーチ」というスピーチワークショップをやっていただく
ことが決まっています。

普段の例会以外でやりたいことでは、「合宿」「韓国以外の台湾などとの
同例会への参加」を希望するメンバーが多くありました。

東京メトロの活動について、「ほぼ満足」が59.1%で最も多く、「ほぼ満足」から
「大変満足」するためにはどうすればよいか、4つのグループに
分かれてチームディスカッションを行いました。

チームディスカッションでは、満足度を上げるためにはより積極的に例会に
参加すること、そのためには「例会でスピーチをやる」「コンテストに参加する」
いった意見がありました。多くのチームから「もっとスピーチをやりたい」という声
がありました。

後半のWorkshop 2はTM WSがリードのもと、今後の目標について
ディスカッションを行いました。次期会長のTM WSより、クラブビジョンの発表が
ありました。例会が目的意識・意欲の高いメンバーが刺激しあえる場となる
よう、役員はサポートしていきたいという意気込みを伝えていただきました

役員のCode of Conductとして 「Members First! クラブメンバーのために!」が
発表されました。チームディスカッションでは4つのチームに分かれて、
京メトロTMCメンバーとして「よいスピーカーになるために」「より論評を
するために」今年どういうことができるかディスカッションを行いました。

各チームから積極的な意見が出され、皆さんの意見をTM WSが「レスポンス」
「場数」「フィードバック」という3つのキーワードでまとめていただきました。
質の高いフィードバックに関しては、各スピーチのコメントには
よりよいスピーチになるためのアドバイスを書くようにするのがよいという
意見をお話しいただきました。

ワークショップの後はゲストによる2本の2本後スイーチがありました。
初のスピーチは韓国JETMからゲストでお越しいただいたTM SNに
よるCC#10 「夢見るアラフォー」というタイトルで自分の名前の由来
というオープニングから始まり、人生をお遍路に例えてご自身の経験を
お話しされました。人生はよくマラソンに例えられますが、TM SNにとって
人生はお遍路であり、お遍路は88箇所あるが、どこから初めてもよく、
はっきりとしてスタート・ゴールがなく競争ではないこと、自分のペースを
守れば周囲の人を気にする必要がないという点を理由に挙げられていました。

2本目のスピーチは新宿TMCからゲストで来ていただいたTM TRにより
「好きの力」というタイトルのスピーチを行っていただきました。このスピーチは
先日大阪で行われた全国大会で披露されたスピーチでウルトラクイズ
というクイズ番組に出場された際のエピーソードから学んだ「好きの力」に
ついてお話しいただきました。サッカーに関するクイズ大会では、TM TR
サッカーが大好きで自然に入ってきた知識が行かせたこと、クイズ大会で
キラキラ輝いている姿を見た友人のコメント、などのエピーソードから人は
好きなことに熱中すれば自然にいろんな知識が身につくこと、好きという
持ちのパワーについて教えていただきました。

スピーチの後、TM WS作成のビデオによる一年の振り返りを行いました。
通常例会の他に、ハロウィン、BBQ, クリスマス、韓国との合同例会な
多くのイベントがありました。

その後新役員の就任式があり、新役員が今期にかける思い、目標を発表しました。
その後TM FMより今期CC#10を達成された4名の方へ表彰状の授与がありました。
以下4名の方がCC#10を達成されました。

TM IA CCマニュアル達成

TM SG CCマニュアル、CLマニュアル両方達成

TM TK CCマニュアル達成

TM WS CCマニュアル達成

最後のゲストコメントでは、エリアディレクターのTM Mからサプライズ
で東京メトロTMCに入会いただくという発表がありました。

最後に、TM FMからの一年の振り返りコメントがあり、会長として横の
つながり、縦の深まりができ、成長したこと、自分の知らない自分を発見したこと、
運営を担当する楽しさを知ったことなどをお話しいただきました。

第152回例会(2016/6/11)議事録

2016/06/26 3:24 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2017/02/27 6:50 に更新しました ]

日時: 2016年6月11日 / 9:30-11:45
場所: 岩本町ほほえみプラザ B1F

梅雨の晴れ間の土曜日、いつもと少し雰囲気の違う地下の会場で第152回例会が行なわれました。
今回は豪華なゲストスピーカーをお招きしてコンテストスピーチが二本も聴けるという かなりお得(!?)な例会です!

梅雨時という事で体調を崩すメンバーが多い事もあり、副会長のYYさんから
薬膳に基づくおすすめ食材の話から例会スタートです。

本日のTMOMのNSさんの流れるような司会ぶり。ゲストに配慮し一部英語を交えてのTMOMでした。
本例会のテーマ「あなたの座右の銘」を各スピーカーの紹介の際に一言加えて紹介して下さいました。

今朝の言葉はYHさんによる「ピッパ」。ピッと反応してパッとやる!これがなかなか難しい!
さて本日のメインパート、準備スピーチの始まりです。

一番目のスピーチは英語。ゲストスピーカーLeadership TMC TM DVGのコンテストスピーチ、「Trust」。
巧みなダイアローグを織り交ぜた感動的な内容でした。人を信じる事とは何だろうか、ということ。
そして人を信じることの尊さを聴衆全員におしつけがましくなく説く絶妙なバランスのスピーチでした。

二番目のスピーチは日本語。TM MGの「場違いな人生」。 壮大な人類史のお話。人間の進化が環境の変化に追いついていないという内容を、メジャーを使用した
ビジュアルに訴えかける手法でわかりやすく聴衆に伝える事ができたと思います。
何億年前、と言葉で言われてもなかなかぴんと来ませんが、長いメジャーが折り返したクライマックスは
非常にわかりやすく胸を打つものがありました。


三番目のスピーチも日本語。TM KTの「聴けばわかる?人の気持ち」。
男女間のコミュニケーションの難しさと大切さをお得意のちょっぴり自虐的な恋愛ネタで披露。 キーフレーズを何度も繰り返すドラマチックなダイアローグは、メッセージをわかりやすく
聴衆に刷り込むことと聴衆の笑いを誘う両方の効果があったと思います。

四番目のスピーチは英語。TM WSの「Getting Started with Low Cost Cell Phone」。
誰 もが関心を持つであろう「携帯電話のコストを抑えたい!が、複雑そうな仕組みがよくわからない!」という悩みを一発解消!のはずが、時間切れで「詳細はス ピーチのあとで個人的に聞きに来てね」という ちょっぴりお茶目な結論。でも予想外だった時間切れを、ごく自然に「次回に続く!」と上手にカバーしていたのはお見事でした。

五番目のスピーチは英語。ゲストスピーカーChiyoda TMCのTM MFのコンテストスピーチ、「20 minutes and 2 milliliter」。
単 位が違う組み合わせのタイトルで「?」と聴衆の関心をひきつけてからのドラマチックな展開に聴衆一同感動させられました。愛とは、健康とは、人生と は・・・様々なことを考えさせられるスピーチでした。 とても個人的で辛い内容であるにも関わらず、感情をギリギリ抑えた表現が逆に心に訴えかける、とても高度なテクニックを感じました。

テーブルトピックスはTM YYによる時事ニュースを取り扱ったもの。
ゲストに配慮して英語の資料をプロジェクターで写した気遣いが光るテーブルトピックスでした。


総合論評はTM SNにより、良かった点と改善点が論理的に指摘されテキパキと進められました。
また、特別論評として、一番目のゲストスピーカーのTM DVGに各スピーカーの論評をお願いしました。
これが非常に素晴らしく、冷静に各スピーカーを観察していて的確な論評をするTM DVGに感嘆するばかりでした。

ベストテーブルトピックス TM YS
ベスト論評者 TM TK
ベストスピーカー TM MF


ゲストも大変多く、非常に充実した内容の例会でした!コンテストスピーチはなかなか聴く機会がありませんので、
とても刺激になったメンバーも多かったのではないでしょうか!?
例会の最後には新メンバー三名の入会式が行なわれました。
ようこそ東京メトロへ!みなさんのスピーチを楽しみにしています!
6/25 2016 M.T. 記

第150回例会(2016/5/14)(日韓合同例会同時開催)議事録

2016/05/18 6:51 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2017/02/27 6:50 に更新しました ]

514日(土)第150回例会(日韓合同例会同時開催)議事録

 

今回の例会は、韓国・釜山にて行われた日韓合同例会と同時開催されました!また、スピーカーとして春季国際スピーチコンテスト(全国大会)に出場される、表参道バイリンガルトーストマスターズクラブのM井さんにお越しいただきました。同じく表参道のI佐さんにも、M井さんのインタビュアー、かつK嶋さんへの論評者として、ゲストながら大活躍。参加者も多く、にぎやかな会となりました。

 

・今週のニュース…M苫さんより、ベッキーと舛添都知事のニュースから、普段の行いが大事であるという意見をシェアしてもらいました。

・スピーチ…K嶋さんより、ご実家の熊本での地震体験について。Kのさんは、あのイチローもやってるピラティスの勧め。そしてM井さんは、全国大会で予定されているスピーチを披露いただきました。M井さんへのインタビューセッションでは、どんなふうにスピーチを作り、練り上げていくのか、参考にしたスピーカーについてなど様々な質問がありました。M井さんのスピーチへの愛が伝わるインタビューでした。

・テーブルトピックス…韓国で行われている日韓合同例会とスカイプ中継!を予定していましたが、音声がつながらないトラブルでインタラクティブは断念。現地の例会の様子をこちらからみんなで見て楽しみました。

・論評…スピーカーの人数が通常より少なかったため、スピーカーおひとりに対し二人が論評を行いました。論評者によって評価の視点が全く違っていて、スピーチのいろんな切り口を学べました。

 

受賞者は、

ベスト論評 S高さん、ベストスピーカー M井さんでした。

 

次回の例会では、韓国での例会に参加したメンバーからのお土産が楽しみですね!

 

2016517日 H坂 記

第149回 (2016.4.30)  通常例会議事録

2016/05/02 4:34 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2017/02/27 6:51 に更新しました ]

2016/4/30、新緑が目にあざやかなゴールデンウィークの中、第149回例会が開催されました。

本日の例会は、メトロの噺家ことWさんがTMOMを担当され、「TMOM例会」と銘打ち、TMOMにまつわる様々な工夫がこらされた例会でした。
また、急な欠席が相次いだ中でも、役割調整を見事に行い、ベテランならではの安定した進行でしっかりとまとめてくださいました。

「今日の言葉」はHさんから、「明日は我が身(Tomorrow it might be me)」を紹介いただきました。熊本の震災やブリュッセルのテロを受けて、日頃の備えが大切と話されていました。熊本地震 心よりお悔やみとお見舞い申し上げます。

「Good&News」はSさんが担当され、「24時間以内に起きた素晴らしいこと」について、参加者全員から、とてもGoodなNewsが発表されました。

「今週のニュース」は、Nさんから発表がありました。最近、交通規制が増えているのはなぜ?と身近に感じることの導入から、伊勢志摩サミットの話題に移り、Nさん自身の関心の高いUniversal Health Coverageについて紹介いただきました。
日本の医療システムの高さは世界に誇るものがあり、世界中の人達が日本のノウハウによる恩恵を受けられるようになって欲しいと思います。

「準備スピーチ」

・一人目:日本語スピーチ「ダリオ・オゼッラの哲学~品質は牧場でうまれる」(Sさん)

チーズが苦手だったSさんが、チーズを好きになったきっかけのダリオ・オゼッラについて、美しい映像とともに紹介いただきました。

・二人目:英語スピーチ「How to survive in the changing world」(Hさん)
人口知能が発達するにつれ、労働者が溢れることが推測される中、どのようにすればsurviveできるのか、Hさんの実体験に基づく3つのTipsをご紹介いただきました。
1. Take your responsibility by yourself
2. Flexible
3. Be connected with other people

・三人目:日本語スピーチ「レインボーブリッジ」(Sさん)

落語「芝浜」を現代版にアレンジしたスピーチは、スピーチ目的「Warm up Your Audience」に相応しく、場を温める笑いに溢れるスピーチでした。

・四人目:教育セッション・日本語スピーチ「TMOM虎の巻」(Yさん)
例会の企画から運営、当日の司会まで行うTMOM(Toastmasters of the Morning)について、TMOMを上手くこなすためのTipsがつまった「TMOM虎の巻」のお披露目スピーチでした。

「テーブルトピックス」は、趣味で映画監督をされているMさんよりリードされ、お勧めの映画から、どんな映画を作るか、映画が成功したときのインタビュー対応等の質問を投げかけ、とっさの回答にも関わらず、皆さん興味深い回答をされていました。

「論評部」は具体的な改善ポイントをSpeech objectivesに沿った形で論評をしていただき、スピーカーだけでなく、オーディエンスにとってもためになる話だったと思います。

「えーとカウンター」と「文法係」からの「ヘルパー報告」は、皆さん正確にスピーチ・論評の聞き取りをし、注意点を列挙してくださいました。


最後に今回、初めての総合論評をされるHさんより例会の各アジェンダをポイントをしっかりと押さえて論評されていました。

「受賞者発表」

・ベストスピーカー:Sさん

・ベストテーブルトピックスピーカー:Wさん

・ベスト論評者:Yさん

「ビジネスセッション」では、近々行われる役員選挙の候補者紹介、日韓例会、150回例会ランチのアナウンスがありました。


残りの連休も楽しみましょう!


2016/5/2  Y.Y.記

第147回 (2016.4.9)  通常例会議事録

2016/04/11 6:28 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2017/02/27 6:51 に更新しました ]

2016/4/9、サクラ咲く春の心地よい天気の中、例会が開催されました。

本日の例会はベテランのKさんがTMOMを担当され、通常とは違う例会プログラムにもかかわらず、安定した進行でしっかりとまとめてくださいました。

「今日の言葉」はY岡さんから、「日々是好日(にちにちこれこうじつ)」を紹介いただきました。この言葉は禅語で、小さいことでも日々幸せを感じるといったような意味合いで使用したりするとのことです。

「Good&News」はM上さんが担当され、「24時間以内に起きた素晴らしいこと」について、皆さんからスピーチがありました。Y口さんから人助けをしたニュースなど、とってもGoodなNewsが発表されました。

「今 週のニュース」は、H間さんから発表がありました。最近、会社や組織内で自分たちが思ったことを議論できない風潮があるという考えさせる問題ついて、日本 を代表するキャスター3名(報道ステーションの古舘伊知郎さん、クローズアップ現代の国谷裕子さん、New23の岸井成格さん)が降板した理由の一つ「現 政権批判」を例として挙げながら、スピーチをされました。

「準備スピーチ」

・一人目:英語スピーチ「Assertiveness」(T部さん)
4 つの他人とのコミュニケーション方法「Aggressive」「Passive」「Assertiveness」「Avoidance」に関するスピーチ を行い、ジェスチャーや様々な声のトーンを使いわけ、それぞれのコミュニケーションを使う場面を表現し、オーディエンスのみなさんもとてもイメージしやす かったと思います。

・二人目:英語スピーチ「What makes Robiola Osella so special?」(S藤さん)
今まであまり意識したことがなかったクリームチーズの特徴や違いについて、実際のプロダクトを使ったデモも行いつつ、オーディエンスを巻き込みながら、スピーチをされていました。みなさんもクリームチーズの見方が変わったのではないかと思います。

・三人目:日本語スピーチ「そなえ」(I崎さん)
30年後の未来では、最近話題のロボット・AIが大半を雇用を担い、失業率が75%にもなるというスピーチを行いました。実際に皆さんが、30年後の未来に対してどのように「そなえ」るのか、とても興味があります。


・四人目:日本語スピーチ「交通公園」(W辺さん)
CC マニュアル最後のプロジェクトということで、子供たちが車などの交通について理解・体験できるよう疑似的な交通空間をつくる「交通公園」のお話をきっかけ に、ご本人の車に関するエピソードも交え、たくさん失敗ができる場を作っていくことの重要さについて、スピーチされました。さすがベテランという表現力 で、1つ1つのフレーズの使い方がオーディエンスの皆さんにとっても、勉強になったのではないかと思います。CCマニュアルの終了おめでとうございます!


「テー ブルトピックス」はI藤さんがリードしていただき、過去に最もリーダーシップがあった人、不祥事があった時に復帰の道を閉ざすべきかどうか、思わず本音が 口に出てしまった経験など、さまざまタイプの質問を投げ、質問の受けても個々のエピソードを交えて、とても興味深いお話されていました。また、久しぶりに ご参加いただいたK藤さんから、お仕事で長期出張している海外でのお話をしてくださいました。

「論評部」は具体的な改善ポイントをSpeech objectivesに沿った形で論評をしていただき、スピーカーだけでなく、オーディエンスにとってもためになる話だったと思います。

「ミニ・ワークショップ」では、F原さんから、「メンタリング」についての説明があり、メンタリングの概念からメリットまで丁寧にご説明いただきました。

「えーとカウンター」と「文法係」からの「ヘルパー報告」は、皆さん正確にスピーチ・論評の聞き取りをし、注意点を列挙してくださいました。

最後にS高さんからの「総合論評」について、時間が限られている中で、例会の各アジェンダをポイントをしっかりと押さえて論評されていました。

「受賞者発表」
・ベストスピーカー:W辺さん
・ベストテーブルトピックスピーカー:M本さん
・ベスト論評者:M林さん

「ビジネスセッション」では、近々行われる役員選挙のため、役員の役割と役員選挙についての説明がありました。


新しい年度が始まりました。今年度も日々是好日に行きましょう!


2016/4/9  Y.I.記

2016年 春季 国際スピーチコンテスト(日本語)

2016/03/19 4:42 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2017/02/27 6:53 に更新しました ]

2016.3.12(
)、審査委員長Y岡さん、コンテストチェアS藤さんのリードで東京メトロポリタン日本語コンテストが、今年2回目の「岩本町ほほえみプラザ」で開催されました。

 

たくさんのゲストを迎えS高さんのGood & Newでゆる~く始まりましたが、エリアディレクターのI佐さんの「心揺さぶるようなスピーチを楽しみにしています!」の一言で緊張感が最高潮に!

 

そんな中、先頭はKノさん。Kノさんが最近はまっている国内旅行の現状や裏話は、海外に注目しがちな観客の興味を見事に引きつけました。
次は、Mトマさん。最近有名な先生と、無名の恩師の先生との比較から、「大事な事は何なのか?」と考えさせられたスピーチでした。
三本目はF原さん。体力、音楽、スピーチ、やりたいこと等、たくさんの思い込みを発見した経験を話してくれました。F原さんの絶妙の間は、観客が想像する為の時間を創造しているようでした。
最後はM林さん。私達の心を食べ物に例え、3つの気づきを、会話をふんだんに盛り込み、おもしろおかしく、だけど、気づきがいかに大切かを気づかせてくれたスピーチでした。

 

後半スタート!
まずはTable Topics、担当はM本さん。
今回は特別ルールで立候補OK!
たくさんのゲストの方にご参加いただきました。
質問
Q「変わっていること」⇒A「始発の駅側に住むこと」(N坂さん)
Q「好きな有名人」⇒A「仕事にストイックなB’zの稲葉浩志」(H間さん)
Q「好きな国」⇒A「スペイン。芸術、お酒や料理、空港員が最高」(Y口さん)
Q「海外での失敗から学んだこと」⇒A「注文時に商品番号で頼んだ場合、その番号の数だけ商品を頼んでしまう」(立候補のTMY口さん)
Q「誰に何を感謝したい?」⇒A「厳しさを教えてくれた先生」(SJさん)
Q「明日震災が起こると知っていたら何をする?」⇒A「あらゆる手段を使ってたくさんの人に伝える」(I藤さん)
皆さん時間内で素晴らしい即興スピーチでした。

 

続いて、T部さんによるコンテスタントインタビュー。
Kノさん
Q「海外旅行と国内旅行の違い」⇒A「海外は初めての場所が多く、失敗できないし、帰国の時間に束縛されてしまう」
Q「アジアの友人の中で人気の日本食」⇒A「たこ焼き、お好み焼き、ラーメン」
Mトマさん
Q「一番心を込めた手紙」⇒A「父の還暦の時に書いた手紙」
Q「手紙をしたためるときのこだわり」⇒A「キャラクターもののほうが伝わりやすいかもと迷う時も・・・」
Q「手書きですか?」⇒A「手書きです」
Q「手紙の渡し方」⇒A「プレゼント等に忍ばせる」
F原さん
Q「健康管理の秘訣」⇒A「無理をしない」「自分に合わないものは食べない」
Q「境界線を見つけるこつ」⇒A「ちょっとした体の変化に敏感になること」
Q「はたから見ると無理しているようにも見える・・・」⇒A「単に自分にエネルギーをチャージできることに時間を使っている」
Q「スピーチでの間の取り方の秘訣」⇒A「うまい人のスピーチから学ばせてもらった」
M林さん
Q「会長をやって学んだこと」⇒A「場の雰囲気の作り方と役割の人の動かし方」
Q「スピーチの作り方」⇒A「骨子から広げる」
Q「なぜ同じネタを使う」⇒A「消化しきれていなかったのと、印象付け易いので・・」
たくさん観客席から質問が飛び交い、たいへん盛り上がりました。

 

いよいよ結果発表!!!

 

実力伯仲の展開でしたが、そんな中、

 

第2位は・・

 

F原さん

 

見事1位に輝いたのは・・・

 

M林さん

 

そして、前回の英語の部のコンテストで1位に輝いたS藤さん

 

以上のお二人が、東京メトロTMCを代表してエリアコンテストに出場予定です。おめでとうございます。

 

さて、お二人が進む次なる決戦の舞台は3月20日(日)。会場は筑波大学(茗荷谷)です。皆さんの力強い応援が必要です。奮ってエリアコンテストへ足を運びましょう。

2016年3月16日 N.M.記

第143回 (2016.02.13)  通常例会議事録

2016/02/15 4:12 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2017/02/27 6:51 に更新しました ]




・はじめに

暦の上の春が過ぎ、気温も春の近づきを感じる陽気となった2016213日。東京・秋葉原からほど近い岩本町の会場で、通常例会が開催されました。

この日の会場は、当クラブが通常、例会を開催している半蔵門・麹町地区の会場と異なる会場です。会場のレイアウトも通常の開催地での形式を変え、新鮮な気分の中で迎えた例会となりました。また、この日は総勢7名のゲストにもご参加いただきました。

 

・ウォーミングアップ

今朝のトーストマスターM.T.さんの司会進行で始まった例会。

まずS.N.さんによる「今朝の言葉」のご紹介からスタート。春の近づきを感じるこの日の陽気にマッチした「芽生え(sprout)」という言葉をご紹介いただきました。

 

計時係・集計係などのヘルパーによる役割紹介が行われた後Y.K.さんによるGood & New」。原則24時間以内に各参加者の身の回りで起こった「良かった出来事」「新しい発見」を即興でスピーチいただきます。ゲストの方にも加わっていただき、多様なエピソードが披露され、会場の雰囲気があたたまりました。

 

続く「今週のニュース」はG.S.さんがご担当。「東京ディズニーランド 料金値上げ」など、直近に起こった経済・社会ニュースを、フリップを用いて軽妙にご紹介いただきました。

 

・準備スピーチ

この日は3つの日本語スピーチと2つの英語スピーチの計5つが披露されました。いずれも、スピーカ自身の実体験に基づき、それぞれに独創的なメッセージがこめられたスピーチでした。

 

日本語スピーチ

・かすがい(K.O.さん)

宝塚のファンであるという奥様のご趣味のお話をもとにしたスピーチ。ほほえましく、聴衆の笑いが絶えないスピーチでした。

 

・社会人1年生の悩み(Y.H.さん)

昨年、新入社員として入社して以後、現在に至るまでのHさんご自身の心境・行動の変化をもとにしたスピーチ。Hさんの気持ち・想いが内から外に解放され、環境が好転していく様子が活き活きと表現されたスピーチでした。

 

・家族の肖像(N.S.さん)

お母様が急に重いご病気に罹られた際のSさんのご経験に基づくスピーチ。

「人には、無限の可能性がある。人生には何度でも奇跡が起こる。奇跡を起こすのは、あなた。」闘病から奇跡的に回復されたお母様と過ごされた末にSさんが得られたこの気付きは、多くの聴衆に、印象深く響いたものと思います。

 

英語スピーチ

Teacher is the best learner (N.M.さん)

MさんがRecitation contest(暗唱コンテスト)に挑戦したご経験に関するスピーチ。「教えることは、学ぶこと。」「もし何かを学ぶなら、自らが教える立場(教師)になろう。」という学びのアイディアを、キーメッセージとしてご披露いただきました。

 

The Storm (M.G.さん)

前回(142回例会)の準備スピーチでご披露いただいたSailing Tripのサブストーリーとして、「自然は時に、想定外の大事をもたらす」旨のスピーチをご披露いただきました。自然は「美しい姿」だけでなく、「暗く、怖い姿」も兼ね備えている。天候の急変のまっただ中、ボートでの緊迫した様子が臨場感あふれる表現で語られ、聴衆は「暗く、怖い姿」の自然の存在を、改めて認識したと思います。

 

Table Topics

休憩をはさんで続く例会後半はTable Topicsからスタート。Table Topics Master(進行役)はS.W.さんが担当。

普段と違う例会会場での開催にかけ、「はじめての場所」をキートピックに、4つの質問が出されました。それぞれの質問は、事前に誰が当てられるかは明かされません。しかし、それぞれ指名された参加者は驚きつつも、当意即妙な即興スピーチをご披露いただきました。

 

質問1・「はじめての場所」というテーマでショートスピーチ

質問2・「はじめての場所」を訪問する際、事前に綿密に調べるか、行き当たりばったりか。

質問3・あなたにとっての忘れられない「はじめての場所」

質問4・あなたの街を「はじめて」訪れる方に、あなたの街の魅力を伝えるスピーチ

 

それぞれ、各スピーカの個性垣間見られ質問でした。当てられたそれぞれのスピーカも、わかりやすい構成と具体的内容のスピーチを即興でご披露いただき、即応力・柔軟性の高さが感じられました。

 

・論評の部

まず、準備スピーチへの論評が行われました。CCマニュアルの目的の達成度の評価を踏まえた上で、スピーチの良い点・改善点が示されるスタンダードな形式で行われました。

いずれの論評も、スピーチ・スピーカへの敬意が十分に払われ、真摯な準備スピーチ論評でした。スピーカのみならず、他のメンバやゲストの方にも新たな気付きや学びが得られたものと思います。

 

文法係、えーとカウンタからの報告に続き、Y.Y.さんによる総合論評が行われました。

Yさんからは、はじめにこの日使われた会場の特性を踏まえたアドバイスとして、

・音や声の響きを活かす

・会場後方から壇上までの距離感を鑑みて、見栄えを工夫・配慮する

ご指摘いただきました。

次に、改善点として、

・「今朝の言葉」の利用機会を増やす(使用頻度が高まる工夫として、使用例を示す。)

・参加者が時間をしっかり守って参加する

ことをご指摘いただきました。

いずれも、より質の高い例会運営につながる改善点であり、例会全体を丁寧に俯瞰いただいた上での的確な指摘でした。

 

・まとめ

今朝のトーストマスター・Tさんには、準備段階でプログラム調整を適時的に対応いただいた他例会当日はタイトな時間配分にも関わらず、落ち着い例会を進めていただくなど、安定感のある例会運営を行っていただきました。すべての参加者が安心してスピーチの聴講に集中できたものと思います。

 

新入会員から経験豊富な会員まで、多様な個性が協力し合い、パブリックスピーチスキル・リーダーシップスキルを磨き合う。この日の例会も、こうしたスキルの練磨に適した良い環境となり、参加者それぞれが何らかの学びを得ることができたのではないかと思います。

 

以上

 

文責・S.W. 作成・2016.2.15

 

第142回例会議事録 2016/1/30

2016/02/02 4:06 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2016/06/22 8:11 に更新しました ]

142回例会議事録 2016/1/30

 

130日の例会の内容を紹介いたします。

 

本日のTMOM (Toastmaster of Morning)は、TMOM4回目となるベテランの Sさんでした。ゲストには米国の首都ワシントン近郊、バージニア州のジャパニーズ・イングリッシュ・トーストマスターズ・クラブの会長をされているJさんパプリックスピークに興味のあるUさん、Tさんの3名にお越し頂きました。

 

「今日の言葉」は、Mさんより紹介頂きました。本日がマハトマ・ガンディーの命日という事より、彼の不屈の意志から引用した"不屈(Indomitable)" という単語をスピーチで使うようにします。

 

Good & News」は Wさんがリードし、24時間以内におきた良かった事や新しい事をスピーチします。ゲストのJさんが、糖尿病にかかった愛猫がダイエットに成功し、いかに猫を愛しているか気がついたというスピーチが印象的でした。

 

「今週のニュース」は、I部さんがご主人と一緒に選んで頂いたニュースを2点紹介頂きました。先週末に寒波が沖縄・台湾を襲いましたが、今年の春の訪れは早いという事、そして、毎月30A4,000円以上の電気代を支払っている人には、新電力に乗りかわる事がお得との事でした。

 

本日はスピーチマラソンと称して準備スピーチに重点を置くプログラムで、スピーチは6本、テーブルトピックスは無しとしました。

 

Fさん「夢を叶えるフォトリーディング」

分厚い本を30分で読むフォトリーディングを行うための5つのステップをスピーチして頂きました。

読書好きなFさんの温かい雰囲気の中で、フォトリーディングを通じて夢を叶えるという、説得力があるスピーチが印象的でした。

 

I崎さん「Saying your future goal out loud

Ice breakerとして、東京メトロで初めてスピーチされたI崎さん。海外での知ったスパイ組織や犯罪学を学んだ事などを交え、ご自身の経験を語って頂きました。

初回のスピーチから流暢な英語で堂々とスピーチされ、今後の活躍が期待されると思いました。

 

I藤さん「社会的問題を解決しよう」

I藤さんは、社会的な問題の解決に取り組んでいる身近な方々の事例を交え、スピーチして頂きました。社会的な問題を解決する事は、以前よりハードルが下がっているという事と、何か大きな原体験がモチベーションを保つのに、大きな影響をうけるとの事でした。

I藤さんのリーダーとして説得力のあるスピーチだったと思いました。

 

Mさん「Floating away

お父様が船乗りのMさんには、ご家族ですごしたクルージング体験についてスピーチして頂きました。綺麗な写真を背景に、ボディーランゲージを使いながら、本当にクルーザーを操っているかのスピーチでした。

多くのTMメンバーが、地中海クルージングに行きたいと思ったはずです。

 

Tさん「コーチング:三つのスキル」

対話によって相手の目標を達成するのを手助けするコーチングにつきまして、その具体的な傾聴・受止め・質問の3つのスキルについてTさんにスピーチして頂きました。

Tさんには、困ったときに是非相談にのってほしい上司に適任だと思いました。

 

Mさん「私の肉体改造」

スポーツジムのR社の音楽にあわせて、減量の成功体験から話しはじめたMさん。肉体改造の必要条件として、食事・キントレ・記録について、具体的な理論を交えながら話されていました。

入会されて間もないですが、スピーチの構成を意識した、スピーチだと思いました。

 

総合論評は、落ち着いた物腰のベテランのKさんにリードして頂きました。

各準備スピーチに対して、Tさん・Hさん・Nさん・Sさん・Hさん・Wさんより、各準備スピーチに対しての論評が行われました。

参加者の投票により、本日の Best Speaker awardFさん、Best evaluator awardWさんに授与されました。

最後にゲストからは、「女性が積極的に参加しているのが印象的」「教育プログラム・マニュアルがしっかりしている」という感想を頂きました。

 

本日は例会後、合宿があるとの事で、多くのメンバーは東京駅に移動して行きました。

 

文責: S.N.

第140回例会議事録 2016/1/9

2016/01/09 3:55 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2016/06/22 8:11 に更新しました ]


本日1月9日、2016年初めの例会が行われました。

今朝の言葉は、「実りある/fruitful」
今年1年が実りある年になりますよう、I 藤さんより御紹介頂きました。

Good&Newでは、「24時間以内に起きた素晴らしいこと」について、5名が発言をしました。
H田さん: 気になっている男性と初めて2人で夜食事に出掛けたこと
A元さん(ゲスト): 持っている中で1番高いダウンを着たこと
T口さん(ゲスト): 安くて美味しい中華料理屋に行ったこと
Gコッティさん: 気に入ったスターウォーズ映画の2回目を観に行くこと
Y口さん: 合宿の定員が増えていること

今週のニュースでは、今年1年のスタートに相応しい話題として、夏目漱石に関す る話をY辺さんより御紹介頂きました。2016年は夏目漱石の逝去100周年、また来2017年は生誕150周年の節目の年とのことです。各小説の論評も さる事ながら、夏目漱石が英語を教えた経験から「教材は外国の新聞など、生きた言葉を使う。」と言ったという話は、英語を身に付けたいと思っているメンバーには実りある内容でした。

準備スピーチでは4名の精鋭が登壇しました。

Wイさん: "Believe the possibility"
親御様が仕事をされていた為に、お祖母様と過ごす時間が長かったことや、控えめな性格だった子供時代に勇気を与えてくれた恩師の言葉など、自分を信じることの大切さを説いたスピーチ。

Gコッティさん: "じん(こうえい)せい"
ご専門分野である人工衛星と人の一生を掛け、限られたリソースや時間を如何に使ってリターンを最大化出来るか、というメッセージに帰結。豊富な語彙力と共に、聴き手を鼓舞するスピーチ。

S根さん: "How to get a girlfriend strategically"
SWOT、STP、4Pなどのマーケティング手法を駆使して、男性が如何に女性にアプローチすべきか方法論を説いた、本日1番の力作。聴き手からは、性別を問わず、勉強になったと賞賛の声が!

T橋さん: "仲間たちと共に~或いは20年間の克服"
英語力の向上を目的とする中で、仲間達と出逢い、自己研磨する過程で見つけた本心と大切なもの。経験に裏打ちされた堂々たるスピーチ。

テーブルトピックスでは、S藤さんの質問に、4名が応答しました。

問1: 5年後の目標の為、今年何をしますか?
T部さん: 今生きていることが素晴らしく、今年の抱負は頑張らないこと。強いて目標を掲げれば、キリマンジャロを登りたい。

問2: モチベーションを維持する為に実行していることは何ですか?
S高さん: 結局はルーティーンをこなすこと。

問3: 自分なりにテンションの上がる方法を教えて下さい。
A元さん: ポテチを食べる。

問4: 貴方にとってのご褒美は何ですか?
M林さん: 人との対話

論評の部では、N松さんの総合論評の下、F原さん、N來、T内さん、M林さんが各スピーチへの論評を行いました。

ベストスピーカー賞: Gコッティさん
ベストテーブルトピックスピーカー賞: T部さん
ベスト論評: N來

また、本日3名の新規会員が入会致しました。的確なタイムマネジメントを遂行して下さったTMOMのY岡さん、入会式を担当されたK林さん、そしていつもながら会長のF原さん、お疲れ様そしてありがとうございました。

2016年もどうぞ宜しくお願い致します!

2016年1月9日 E.N.記

1-9 of 9