過去の例会記録‎ > ‎2015年‎ > ‎

第130回 8月29日例会議事録

2015/09/06 2:34 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2016/02/15 3:07 に更新しました ]

 

今回は副会長のK林さんの開会から、総合司会(TMOM)S高さんに会の進行が始まりました。今週のニュースではK嶋さんが昨今話題に挙がっている「安保法案」を紹介されました。限られた時間内にシンプルに説明して頂きました。本日の言葉は「つつがなく、つつがない」何かが発生しても不思議ではない状況で、幸いに「何も起こらない」という意味です。TMでは毎回一つ言葉を紹介し、語彙を増やすため例会の中で積極的に使用するという言葉が紹介されます。

 

本日のスピーチ全部で4本です。Y口さんは「お金は人を傲慢にさせるのか(否か)」について紹介されました。十分な事例やデータを含んだ興味深いスピーチでした。Mさんは、「音楽が人々に与える魅力」について紹介しました。人種差別や紛争など困難や辛い境遇に瀕している人々が、歌を通して勇気を湧き出しエピソードを紹介されました。最後に南アフリカの国家も披露され、幕を閉じました。U村さんは魔法の片づけ法を紹介されました。片づけが苦手だった彼女が一冊の本と出会い、たちまち片づけ上手に。3stepで魔法のように誰でも簡単に片づけが出来る方法を紹介されました。Y口さんはプランクトンの「カイヤシ」を世界の食糧問題を解決策として、紹介されました。あまり耳にしたことのない名前ですが、カイヤシは意外と身近な存在でもあると紹介して頂きました。

 

後半はTable Topics、司会者が観客にお題を出して、即興でスピーチを行うものです。今回はT内さんの幼少期からスピーチをするまでの経験にそってお題が出されていました。

 またトーストマスターズではスピーチ後、各スピーチ毎に一人ずつ論評者がいます。論評の部では約3分前後論評のスピーチを行います。今回、4人中2人が時間オーバーという結果になりました。

最後に総合論評者のM本さんから、例会全体のアドバイスを頂きました。スピーチの本質は「いかに興味のない方々を説得出来るか」、さらに声量、発音の正確さ、構成など日頃意識し忘れる点を指摘されました。論評もまたそれらを具体的に指摘していくべきとアドバイスを頂きました。クラブ内アンケートの結果を告知。クラブ内の意見を全体で共有しました。

ベストスピーカー U村さん
ベストエバリュエーター T橋さん
ベストテーブルトピックス K林T さん

 このように本クラブ、東京メトロポリタントーストマスターズでは日々のスピーチ、論評をするだけではありません。会全体の総合論評やクラブ内アンケートなどを実施しています。会員の皆さんが満足出来るよう、クラブの質の維持・向上に努めています。興味を持たれた方はぜひ一度当クラブにご見学にいらして下さい。

2015年 9月6日 T内