過去の例会記録‎ > ‎2015年‎ > ‎

第121回 (2015.05.09) 例会議事録

2015/05/10 16:22 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2016/01/24 21:18 に更新しました ]
新緑さわやかな5月9日の朝、
東京メトロポリタントーストマスターズクラブ第121回目の例会が行われました。

初めてスピーチをされる方からベテランの方のスピーチまで、
バラエティに富んだ様々なスピーチを聞くことが出来た例会でした!

アイスブレーカーのMさんは、「スピーチが人を動かし、コミュニティを動かすことが 出来る」
というご自身の経験をもとに当クラブ参加への意気込みを話されました。

続いて、Tさんは「オノマトペ」(擬音語、擬態語、擬声語)の世界について発表されました。
日本語にはオノマトペが多いこと、オノマトペを考えることにより日本語そのものを考え直す機会となることなど、
なるほど!と思わせられるスピーチでした。

3番目のKさんは、マンション総会におけるとある事件(!)を契機として、
綿密に対策を練り行動したことを発表されました。
またそのご自身の行動を通じて「おかしいことはおかしいと声をあげることが必要」という強い意志を発表されました。

4番目のNさんは、打って変わって 、「Cavity」-虫歯-のエピソードを話されました。
35年間虫歯とは無縁だったNさんが何故虫歯になったのか、また現在どのように虫歯を防いでいるかについて
様々なレトリックやたっぷりのユーモアを使用したスピーチでした。

5番目のIさんは、難しいテーマ「悪いニュースを伝える」に果敢に挑戦し、
当クラブを企業に見立てた「臨時全社集会」にて、悪いニュースを伝えながらも社員を鼓舞するスピーチを発表されました。
これからも一緒に頑張ろうと思わせられるスピーチでした。

テーブルトピックスはGWに沿ったテーマを3つ、
「旅情」をかきたてるようなテーブルトピックスとなりました。

論評では、各論評者が発表者の意図や工夫を汲み取りながらも、
細部まで的確なアドバイスを提示していました。各論評者の思いやりと観察眼の鋭さを感じました。

また今回の例会は最初から最後まで時間ぴったりに進行がなされていました。
東京メトロの時間管理のクオリティの高さを感じられる例会でした。
初の司会進行(TMOM)のYさん、ありがとうございました。

ベストスピーカー:Tさん
ベストテーブルトピックススピーカー:Kさん
ベスト論評者:Tさん、Hさん