2015年

第138回例会議事録 2015/12/12

2015/12/13 1:36 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2016/06/22 8:10 に更新しました ]


本日の例会はベテランのM林さんがTMOMを担当され、「漢字の日」という普段と異なるエッセンスもあり、素晴らしい例会でした!

今朝の言葉は、I籐さんから「省みる/顧みる」 "Reflect on oneself"という12月にふさわしい言葉をご紹介頂きました。

今週のニュースはT部さんが担当され、最近暗いニュースが多い中、平和について考えさせられるタイムリーな内容でした。

本日の準備スピーチは、ベテラン勢が多く、英語2本、日本語2本で非常に充実したスピーチばかりでした。

1人目はS藤さんで、"What makes great wine?"というタイトルでしたが、ワインの話にとどまらず、
自分のルーツとアイデンティティーを探求するためには、ハードワークとコミュニケーションが重要だとお話頂きました。

続いてW辺さんは、ボディーランゲージとVisual aidsを駆使し、ニューヨークマラソンに関する熱意が伝わってくる
パワフルなスピーチでした。メトロのメンバーもそれぞれの目標を達成するために、背中を押されたのではないでしょうか?

3人目はN臣さん。ユーモアも交えつつ、朗読という難しいObjectiveを英語で見事に達成されました。
さすがベテランという表現力で、メンバーとっても非常に勉強になったと思います。

最後はU村さんから、ACマニュアルに関して、東京メトロのメンバーに関連付けてわかりやすくご解説頂きました。
スピーチやトーストマスターズの仕組みに対する理解が深まり、クラブ全体のレベルアップにつながるスピーチでした。

テーブルトピックスマスターは、本日初挑戦のY中さんでした。
ご本人のエピソードも交えて、「動物」に関する面白い質問をされていて、心温まるテーブルトピックスセッションとなりました。

論評セッションは非常に的確なフィードバックが多かったですが、もう少しそれぞれのSpeech objectivesに沿った論評ができると、
よりメンバーのコミュニケーションスキルが上がると思いました。

最後にS高さんからの総合論評ですが、例会全体に関して網羅的に論評をされていて、
S高さんご自身の成長も見られる総合論評でした。

ベストスピーカー:W辺さん
ベストテーブルトピックスピーカー:H田さん 
ベスト論評者:N松さん

今年もクリスマス例会を残すのみとなりましたので、最後まで盛り上がっていきましょう!

2015/12/12 Y.A. 記

2015.10.24 Division.C 論評コンテスト(日本語)

2015/10/27 6:37 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2017/02/27 6:57 に更新しました ]


2015.10.24(土)18:30より、ディビジョンC 論評コンテスト日本語の部が開催されました。東京メトロポリタンTMCからはこれまで順当に勝ち進んだM林さんが参加されました。
発 表は一番目という不利な条件にも関わらず、いつも通り聞き取り易くてスピーディーでリズミカル。鋭くもあり、かつ心地よい指摘。懸念されたタイムオーバー も無く(推定タイム3分29秒)申し分のない論評でした。しかし、ディビジョンコンテストの参加者はエリアを勝ち抜いてきた精鋭揃い。今回は残念ながら全 国大会への切符を手にすることは出来ませんでしたが、クラブ初となるディビジョンコンテスト出場を果たし、
私たちに夢と希望を与えてくれたM林さんは私た ちに感動を与えてくれました。本当にありがとうございました!

2015年10月27日 F原 記

第133回 10月10日例会議事録

2015/10/22 6:53 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2016/02/15 3:07 に更新しました ]

今回は「美しい日本語」例会、ということで、総合司会のW辺さんの進行で、各々がひとつ好きな日本語を提案しながら会は進められました。今日の言葉は「集中:Focus」で、集中してスピーチを聴く、集中して考える、ことにも注意を向けながら。

Good&Newsは担当者欠席により残念ながら中止。今週のニュースはH坂さんの難民についての話題提供。短い時間でシリア難民について多面的に現状や課題の紹介がありました。

ス ピーチは英語と日本語が各2本、計4本です。先頭は○コさんのイタリアについてのお話。みんな食べることが大好きだけど、一緒に食べるということが社会的 にも大きな意味が有る、というお話。イタリアに行ってアットホームなパーティーに参加したくなるようなスピーチでした。次はY中さんが、楽しく生きるため に様々な趣味を増やしてきたこと。その中でも旅行の楽しみについてのスピーチ。3本目はF原さんの直近の海外旅行について、モロッコの魅力を中心に紹介。 各地で元気にしているTMTMCメンバーとの写真も散らばめられ、懐かしさもたっぷりでした。最後はM本さんが、9月の韓国での合同例会のエピソードを題材に目と目で察し合う、というお話。

 後半はTable Topicsから。今 回担当のN松さんのお題は「オリンピック」。SJさんの、最初は自分の国を応援していても、頑張っている相手も応援してしまう、という話。S根さんの、新 しい種目として「かくれんぼ」を提案したいという話、最後はK嶋さんが2020東京五輪の後は、日本がより国際的で多文化を受け入れる国になっているとよ いな、という話でまとめてくれました。5年後のオリンピックへの期待が高まるTable Topics でした。

 論評セッションでは、各スピーチのよかったところ、改善すべき点を簡潔に分かりやすく説明がありました。具体的なエピソードの使い方、Q&Aの工夫、ジェスチャーは大事で効果的だけれども、バラエティーのあるジェスチャーがより効果的、などなど。

 今回は、一人ひとりが自分の好きな美しい日本語、大和言葉を一つずつ挙げることになっていたので、数多くの興味深い言葉が集まりました。「五月晴れ」「おさきに」「小春日和」「清々しい」「紺碧」「黄昏」「無邪気」「陣痛」「玉の緒」・・・・。

 受賞者はテーブルトピックスがK嶋さん、論評がI部さん、スピーチが○コさんでした! おめでとうございます。


2015年10月21日  H.M. 記

2015年後期クラブコンテスト

2015/10/10 15:14 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2016/02/15 3:09 に更新しました ]


2015.9.12(土)東京メトロポリタンTMC論評コンテストが開催されました。いつもとは異なるコンテスト形式にも関わらず、各参加者が繰り広げるテストスピーカーへの論評は、実に技巧に富んだ発表ばかりでした。
実力伯仲の展開でしたが、そんな中、見事1位に輝いたのは・・・

日本語の部:M林さん
英語の部:U村さん

以上のお二人が、東京メトロTMCを代表して次のエリアコンテストに出場予定です。おめでとうございます!

テストスピーカーはMさん(日本語)、H坂さん(英語)のお二人に担当してもらいました。情熱的なスピーチが論評者達を奮い立たせたことは言うまでもありません。

今回、T橋さんに審査委員長を務めていただき、チェアはN島さんがパワフルで臨機応変に対応していただきました。全ての参加者に各役割を快く引き受けて頂き、コンテスタントの皆さんには協力的にご参加頂き素晴らしいコンテストとなりました。

さて、お二人が進む次なる決戦の舞台は、10月4日(日)茗荷谷。会場はお茶の水女子大学です。皆さんの力強い応援が必要です。奮ってエリアコンテストへ足を運びましょう。

エリアコンテスト

10月4日(日)茗荷谷のお茶の水女子大学でエリアコンテストが開催されました。

U村さん 英語 準優勝
M林さん 日本語 優勝

我らがSやかコンビ、東京メトロの名を堂々と各クラブに広めてくれました(^^) 考えたらディビジョンへの東京メトロ出場はなんとチャーター初!快挙です!

M林さんの論評は表現力の素晴らしさが際立っていました!10/24 (土)Division Contest 18:00- オリンピック記念青少年センターにM林さんは今後参加されます。皆さんぜひ応援に行きましょう!!
2015年10月10日 F原 記

第130回 8月29日例会議事録

2015/09/06 2:34 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2016/02/15 3:07 に更新しました ]


 

今回は副会長のK林さんの開会から、総合司会(TMOM)S高さんに会の進行が始まりました。今週のニュースではK嶋さんが昨今話題に挙がっている「安保法案」を紹介されました。限られた時間内にシンプルに説明して頂きました。本日の言葉は「つつがなく、つつがない」何かが発生しても不思議ではない状況で、幸いに「何も起こらない」という意味です。TMでは毎回一つ言葉を紹介し、語彙を増やすため例会の中で積極的に使用するという言葉が紹介されます。

 

本日のスピーチ全部で4本です。Y口さんは「お金は人を傲慢にさせるのか(否か)」について紹介されました。十分な事例やデータを含んだ興味深いスピーチでした。Mさんは、「音楽が人々に与える魅力」について紹介しました。人種差別や紛争など困難や辛い境遇に瀕している人々が、歌を通して勇気を湧き出しエピソードを紹介されました。最後に南アフリカの国家も披露され、幕を閉じました。U村さんは魔法の片づけ法を紹介されました。片づけが苦手だった彼女が一冊の本と出会い、たちまち片づけ上手に。3stepで魔法のように誰でも簡単に片づけが出来る方法を紹介されました。Y口さんはプランクトンの「カイヤシ」を世界の食糧問題を解決策として、紹介されました。あまり耳にしたことのない名前ですが、カイヤシは意外と身近な存在でもあると紹介して頂きました。

 

後半はTable Topics、司会者が観客にお題を出して、即興でスピーチを行うものです。今回はT内さんの幼少期からスピーチをするまでの経験にそってお題が出されていました。

 またトーストマスターズではスピーチ後、各スピーチ毎に一人ずつ論評者がいます。論評の部では約3分前後論評のスピーチを行います。今回、4人中2人が時間オーバーという結果になりました。

最後に総合論評者のM本さんから、例会全体のアドバイスを頂きました。スピーチの本質は「いかに興味のない方々を説得出来るか」、さらに声量、発音の正確さ、構成など日頃意識し忘れる点を指摘されました。論評もまたそれらを具体的に指摘していくべきとアドバイスを頂きました。クラブ内アンケートの結果を告知。クラブ内の意見を全体で共有しました。

ベストスピーカー U村さん
ベストエバリュエーター T橋さん
ベストテーブルトピックス K林T さん

 このように本クラブ、東京メトロポリタントーストマスターズでは日々のスピーチ、論評をするだけではありません。会全体の総合論評やクラブ内アンケートなどを実施しています。会員の皆さんが満足出来るよう、クラブの質の維持・向上に努めています。興味を持たれた方はぜひ一度当クラブにご見学にいらして下さい。

2015年 9月6日 T内

第128回(2015年8月8日)例会議事録

2015/08/12 4:58 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2016/02/15 3:07 に更新しました ]

8月8日、連日の猛暑がすこし落ち着いたように感じられた朝、麹町区民館で128回目の例会が開かれました。
浴衣例会ということもあり和装の方がたくさん!とっても華やかな雰囲気でした。

今回の例会は今年の秋期大会に合わせた論評ワークショップということで通常例会とは異なる進行です。

TMOMは本日の講師の酒井こづゑさん、ゲストにはトーストマスターズのゲスト2名と見学一回目のゲストが2名いらっしゃいました。

まずは酒井さんによる15分間の論評ワークショップが行われました。論評コンテストの説明、通常の例会での論評との違い、に始まり、論評のコツやポイントについて豊富な資料を使いわかりやすく説明して下さいました。

では実際にやってみましょう、ということで実施の部に進みます。

準備スピーチは2本。

Y さんの「忘れられない夏」。トピックのリサーチというテーマに沿った、入念な準備を思わせる詳細なデータ満載で、徳島で行われる阿波踊りの魅力についてお 話しされました。データに裏打ちされた論理性だけでなく音楽や身振り手振りを交えて情熱も感じられるバランスの良いスピーチでした。

続いてはNさんの「何とかしなきゃ」。こちらはユーモアスピーチというテーマでしたが、それに沿った爆笑に次ぐ爆笑の楽しいスピーチでした。普遍的だけど真剣なメッセージを、上手に笑いでくるんで伝えられたと思います。

各準備スピーチに対して、論評者はそれぞれ4名+飛び入りで各1名の5名ずつで盛り上がりました。
計10名の熱戦を制したのは、キャッチーなキーフレーズとストーリーテラーの素質を活かした論評をされたOさん!

総合論評では酒井さんによる細やかなフィードバックを受けることができて目から鱗のワークショップでした。
特 にタイムマネジメントと段取りが素晴らしく、簡潔かつすぐに使える資料の用意、またコンテストにおけるちょっとしたコツや裏話なども教えていただき、大変 勉強になりました。コンテスト出場者や将来コンテストに出場しようと考えている方には大変ためになるワークショップだったのではないでしょうか。

通常の例会だけでなく、こうしたワークショップを通じて全体のレベルアップを図れるところもトーストマスターズの魅力だと感じました。

Aug 8th 2015 T部

第126回(2015年7月11日)例会議事録

2015/07/13 6:17 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2016/01/24 21:32 に更新しました ]

711126回例会@麹町

新しい年度が代わり、新役員での例会がスタートしました。

新会長のF原さんの挨拶から始まり、二人組で1.2.3を口語に言う、からアレンジして手を叩く、指をならすという簡単なゲームで目を覚ましました。

TMOMT橋さん。ご自分では準備不足とおっしゃっていましたが、しっかりと進行を務めあげました。

今朝の言葉はH間さんより「つまびらか/Fullyくわしいさま。物事の細かいところまではっきりしているさま。)が出されたときには皆知らない様子でしたが、例回中コンコンが鳴り響くとても使いやすい言葉でした。今週のニュースではI藤さんは歴史に触れるニュースを読み、恒例のGOOD & NEWでは24時間以内に起きた嬉しかったことを伝えます。T部さんのベテラン進行で、メンバーが話す嬉しい内容にたくさんの拍手があがりました。

 

本日の準備スピーチは英語2本と日本語2本の計4本です。

□アイスブレーカーのT下さんは、ヘレンケラーの言葉「Door of happiness」の好きな言葉から始まり、パワーポイントが映像のように細やかに映し出されご自身の紹介、愛する家族、お仕事を話されました。

TK林さんはCC4のプロジェクトで内容は当クラブメンバーをどのように増やしていくかグラフを使いわかりやすく過去の入会例をあげ、今年はさらなる増員を誓いました。

I部さんの記念すべく10回目のスピーチは、ご自身の経験や多くの本より学んだ、夢をかなえるための引き寄せる法則を話されました。大事なことはイメージ+努力それに関する今できることをする。その夢はかなうと信じて疑わないことが大事であることは目から鱗なお話に、みな関心して声を唸らせていました。

□上級マニュアルに入ったM苫さんは映画の楽しみ方を様々なタレントさんのすごいところや共通点をみつけ、映画をご紹介。

 

スナックマスターのS高さんは横浜のお菓子と考えつつ、馴染みあるコンビニおやつを持ってきていただきました。

テーブルトピックスではMさんが映画の題材をもとに、ご自身の約束、これだけはしたいこと、もし映画スターになったら、を投げかけ楽しい回答で盛り上がりました。

論評の部ではK用さん、GMさん、M本さん、U村さんがそれぞれにスピーカーの良いところと改善点を的確に論評されていました。U村さんは、スピーカーのM苫さんより改善主目を希望されていましたので辛口ではありましたが、聞いている私たちも勉強になる意見は圧巻でした。

 

総合論評のF原さんが全体をよく見てきめ細やかに気付いたところを論評。

受賞者発表では準備スピーチにI部さん、論評ではM本さん、テーブルトピックスではK用さん。

例会の物品がないという状況のなか、皆さんが協力し合って手作りしているところが東京メトロポリタントーストマスターズクラブの仲が良いところを象徴していると感じる例会でした。

 

議事録担当 A野 7.13 2015

第125回 (2015.6.27) 例会議事録

2015/07/01 7:18 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2017/02/27 6:55 に更新しました ]

125回目の例会はワークショップ「真実の瞬間」を行いました。東京メトロポリタントーストマスターズクラブでは役員の交代となる6月最後の例会で「真実 の瞬間」を実施し、
クラブメンバー全員でクラブをもっと良くするにはどうすればいいか議論を行います。今回は現会長のNさんと教育担当のUさんが進行役と なり、それぞれ「ゲストに入会して
もらうには?」「メンバーに継続して貰うには?」どうすればいいか、3グループに分かれて話し合いました。

新会員がなぜ自分が入りたいかと思ったかのエピソード紹介や、思い出に残った例会についてのクイズなどを交えながら、活発な議論がなされました。出たアイデアから実
際に実行に移すものを全員の投票で3つ選び、その場で推進担当も決めました。最後に今期を振り返った後に、Tさんの進行で次期役員就任式も行われました。やる気溢
れる新役員の方々のもと、また1年間クラブを盛り上げていきましょう!

第123回 (2015.05.30) 例会議事録

2015/05/31 16:34 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2016/01/24 21:20 に更新しました ]

5月最後の例会、短い準備期間にも関わらず細かな調整をしてくださったTMOM,S高さんの絶妙な進行のもと、終始笑いの溢れる楽しい会となりました。

H間さんは今回が初めてのスピーチ。「ネガティブな部分を話すことで氷が解け(アイスブレーク)、相手との距離が縮まるかもしれない」ということで、
ご自身のちょっとイケテナイ部分をさらけ出してくれ、聴き手の共感を呼ぶスピーチでした。

N松さんのスピーチは、天売島のウトウウォッチングについて。ウトウへの溢れんばかりの愛情を感じるスピーチでした。
また、前回のちょっとシリアスなスピーチとのギャップの大きさに、N松さんの違った一面を発見することが出来ました。

U村さんからは、ご自身のキャリアパスにおけるポジショニングについてのスピーチ。
キャリアの異なるメンバーが集まるクラブではありますが、誰にとっても参考になるお話でした。

I部さんは、デットラインを設定しなければ、やりたいと思っていたことも憧れのままで終わってしまいますよ、と
私たちを奮い立たせてくれるスピーチしてくれました。I部さんのスピーチにはいつも「やる気」をもらっている気がします。

後半のテーブルトピックス担当はM林さん。5月30日=ゴミゼロの日に因んだお題にはじまり、男女の記念日への意識の違い、
そして、誕生日のお祝いメッセージまでをもテーブルトピックにしてしまうという高度な技を披露してくれました。
そういえば、ACマニュアルには「祝いの席でのスピーチ」というプロジェクトもありますね。ACマニュアルをも意識したTTだったのでしょうか。

前回の例会では、熱が入りすぎて時間オーバーになる論評者が続出しましたが、
今回はきちんと総合論評のF原さんに指摘をしていただき、時間通りの進行でした。
CriticalかつAnalyticalなF原さんの論評で会を振り返ることができました。

もう一つ、今回の例会で忘れてはならないのが、休憩時間の豪華なスナックです!
なんとS藤さんがチーズを固まりで持ってきてくださいました。
朝からワインが飲みたくなるような休憩時間となりました。ちなみにチーズは日本茶やコーヒーにも合うそうです!

ベストスピーカー:I部さん
ベストテーブルトピックスピーカー:S藤さん 
ベスト論評者:N臣さん

ベテランのメンバーも新しく入ったメンバーも一段と力をつけてきたことが覗える質の高い例会でした。
今期も残すところあと2回となりますが、引き続き楽しい会にしていきましょう。


第122回 (2015.05.23) 例会議事録

2015/05/24 16:33 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2016/01/24 21:19 に更新しました ]

第122回例会議事録は英語版Websiteにて公開中です。



1-10 of 18