過去の例会記録‎ > ‎2014年‎ > ‎

第94回例会議事録 (2014.05.24)

2014/05/25 1:24 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2015/01/18 18:03 に更新しました ]

とても気持ちのいい五月晴れの5月24日、英語メインの第94回例会が麹町区民館で行われました。

M村さんの総合司会のもと、17名の会員と5名のゲストが参加し、4本のスピーチが行われました。
また、新たな試みとして、発表者は前発表者の良いところを自身の発表の中でコメントをするという、
さらに一歩先のスキルアップを目指すビジネスパーソンには素晴らしい機会がM村さんより提案され、実践されました。

会の最初のWord of the dayは、K林さんより先日の突然の豪雨で、
せっかくのオシャレで素敵なスーツがびしょぬれになってしまった経験より
”unexpected”が本日の言葉とされました。

Good &Newは、初めて役割を担っていただいたにもかかわらずH内さんより、
しっかり盛り上げ、土曜の朝の眠気を心地よく覚ましていただきました。

News of the WeekではK藤さんよりインドの政治情勢のアップデートをいただきました。

続いて、本日の準備スピーチは、日本語2本、英語2本の合計4本で構成され、どれも見ごたえ、聴きごたえのあるものでした。

【スピーカー1】T部さんよりモヤモヤした不安の正体とその対処法が紹介されました。不安は自分の作った幻想で、脳は不安を感じるものと理解し、不安の理由探しをせず、落ち着いて過ぎ去るのを待つ、まさにその通りだなと思いました。

【スピーカー2】I部さんより「理想の相手と結婚するためのルールズ」という題名の下、ルールズという本が紹介されました。誰もが心の内では興味を持つ内容を、本に赤線を引いて実践し、現在の素敵な旦那様を射止めたという実績に基づき、全ての聴衆に実際に本を手にとって読んでみたいと思わせる迫力のあるスピーチでした。

【スピーカー3】N島さんより、Gaining Self-insightという題名で心の内面を安定させる方法が紹介されました。 人間関係の面では、相手に上手く対処する方法として、大きく2種類あり、救急時の声のかけ方を例に、Thinking typeとEmotional typeでは異なるということが話されていました。一見難しい内容を分かりやすく例を用いて話すN島さんのスピーチ力は見習いたいものです。

【スピーカー4】I藤さんより、ご自身のご経験よりトーストマスターに入会し、最初のプロジェクトが終わった後はどのように進めていくのかについて紹介されました。論理的な内容展開は聞く相手を納得させ、次に取り入れてみようという聴衆のモチベーションを高める、まさにそういったスピーチでした。

休憩時間はSnack MasterのN臣さんより金沢の老舗の和菓子が届けられ、美味しくいただきました。

 

後半は、S高さんによりTable Topicsが行われました。6月に開幕するブラジルでのワールドカップを先取りし、懸賞に応募し、ワールドカップチケットとブラジルへの旅費が当たった場合はどうするのか?というとても夢のある話しで進められました。

スピーチ後にはK代さんの進行で、スピーカーに対する論評が行われました。スピーチの構成やメッセージの伝え方など様々な視点からよりスピーチがよくなるよう、M林さん、N臣さん、S根さん、K野さんよりコメントがされました。 

最後に、投票の結果、本例会の受賞者は下記になりました。

ベストスピーカー: I部さん
ベストエバリュエーター:N臣さん
ベストテーブルトピックス:T橋さん

受賞者の皆さんおめでとうございます。



[文:議事録担当 Y]