2012年


第55回 例会レポート

2012/12/01 20:51 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2015/04/12 19:01 に更新しました ]

今回はゲストを含め20名の方に参加いただきました。
ベストスピーカーが2名と今回の例会はスピーカー、エバリュエーターともにレベルの高い例会でした。

今朝の言葉はM林さんから「生き生きと」(lively)が発表され、スピーチの中で幾度となく効果的に利用されていました。Y川さんから始まったGood&Newでは、笑いが溢れ会場の雰囲気を温めてスタートを切ります。

今週のニュースは、造船業から景気を読み解くという経済的な話題でI本さんがスピーチを行いました。
準備スピーチでは、CC#2~CC#7までバランスの取れたスピーカーが揃い、最初のスピーカーのUさんは中国と日本の関係を例に、自分で考えて行動することの重要性を説きました。
I江さんのスピーチは「ひらめきは朝に」のタイトル通り、朝目覚めてから行う事の効果を、調査と科学的な論拠を元にスピーチを行います。
I部さんは初めての英語でのスピーチでしたが、夢に対する思いを力強く述べ、心に響くスピーチで会場の空気を一変させました。最後にK窪さんのスピーチでは涙の種類をパターン分けし、性別や状況に応じたそれぞれの特徴を示した興味深いスピーチでした。

後半のテーブルトピックスは忘年会や年賀状など、12月らしいテーマでまとめられ、6名のスピーカーはそれぞれユニーク且つ独自の視点でスピーチを行いました。
しかし、スピーカーの発表時間が1分ジャストとやや短かったので、与えられた時間を有効に使い効果的なスピーチを行いましょうという指摘が後で入ります。

論評の部ではF野さん、N臣さん、Y越さんをはじめ、端的に的を得た論評が行われ、ベストエバリュエーターを受賞したS本さんはベテランらしく、丁寧で説得力のある論評を行いました。各エバリュエーターともに良い点と改善点を明確に指摘し、基本に忠実な論評を行いました。

I藤さんからは文法に関する指摘とユニークな言葉使いが発表され、あらためて全体を振り返り、内容も豊かでハイレベルなスピーチが多かったと感じる例会でした。進行も滞ることなくスムーズに行われました。

Best Speaker:I江さん、I部さん

Best Table Topics Speaker:I本さん

Best Evaluator:S本さん


第54回 例会レポート

2012/11/20 8:05 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2015/04/12 19:04 に更新しました ]

第54回例会は、初めての会場、神明いきいきプラザにて、ゲストの方を含め15名で開催されました。

Kさん、Y本さん、Kさんと3名の新しいメンバーの入会式から始まり、TMOMI江さんの手際の良い司会進行により、スムーズかつなごやかな雰囲気の例会となりました。


Y口さんのEUのノーベル平和賞受賞に関する今週のニュースに始まり、準備スピーチは日本語1本、英語1本です。


まず、I藤(Y)さんが、「ある若者の行く末」というタイトルでスピーチをされました。ご自身の先輩の話を元に、現在の日本の博士課程の問題、それに対する改善策や思いについて語ってくださいました。


次に、「Not bad to be a follower」というタイトルでN臣さんがFollowerの良さんついて、実経験をもとに熱く語ってくださいました。


その後、テーブルトピックスは、M林さんです。

年末にちなんだお題で、今年の残り何をしたいか、また今年の振り返りについて3名の方が回答しました。

また、都知事選が近いということで、都知事選の候補になったつもりで政策を提案してくださいというお題。こちらも3名のかたが都知事候補者になりきり、政策を発表してくださいました。


最後は、Kさんのもとでの論評セッション。みんなで、それぞれのスピーチの良い点、改善点等を共有することができました。


冒頭にもあげましたが、喜ばしいことに、新しいメンバーの入会や、複数のゲストの方の参加がありました。今後もより一層活気のある会になるようみんなで盛り上げていきましょう!



Best SpeakerI藤(Y)さん

Best Table Topics SpeakerS根さん

Best EvaluatorM村さん


第53回 例会レポート

2012/11/11 7:25 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2015/04/12 19:04 に更新しました ]

第53回例会レポート


53回例会は久々に神保町ひまわり館での開催でした。

TMOMはベテランのKさんで、ゲストを含めて20名と活気ある例会となりました。


今回の準備スピーチは日本語2名、英語2名です。

最初のスピーカーはS本さん。タイトルは「リーダー入門」。リーダーになる人は、なってからではなく、なる前にすでにリーダーとしての素質を兼ね備えている必要がある、というまるでセミナーに参加しているような内容の説得力あるスピーチでした。

2番目のスピーカーはM田さん。タイトルは「話すように書いてみよう。新しい日本語の作り方」で、資料も用意されて、過去から現在までの日本語の変化の歴史を一緒に読み解いていくM田さんらしいスピーチでした。

3番目のスピーカーはI本さん。タイトルは「Life water」で、ウィスキーについての話で興味深く聞くことができました。今度はハイボールではなくウィスキーのロックでフレーバーを感じてみたいと思うようなスピーチでした。

最後のスピーカーはY越さん。タイトルは「The apartment without toilets.」東日本大震災の原発の事故処理についての内容で、リサーチも準備も完璧にされていました。何よりタイトルのメタファーがさすがでした。(事故を起しても捨てるところがない、という意味。)


テーブルトピックスマスターはS根さん。

新人のあいさつ、資料の効果的な読み方、議事録の上手な取り方、出張で役員とうまくつきあう方法、本心を引き出すコツ、と実用的なテーマを取り上げました。


論評の部は総合論評のM浦さんはじめ、I藤(H)さん、S田さん、I藤(Y)さん、Y口さんが良かった点・改善点を中心に適切に論評していました。


今回の受賞者は下記のとおりです


ベストテーブルトピックス:F原さん

ベストエバリュエーター:Y口さん

ベストスピーカー:Y越さん


今回3名のゲストの方が新たに入会表明されました。

人数も増え、今後もさらに活気あふれる例会になりそうです。


第51回例会レポート

2012/10/16 20:41 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2015/04/12 18:58 に更新しました ]

1013日の例会は、いつもと異なり午後の開催でした。

出席者はいつもよりも少なかったものの、

1人で複数役を担当されたメンバーもいらっしゃり、

コンパクトにまとまった日本語メインの例会になりました。

 

 

Kさんのノーベル文学賞に関する今週のニュースに始まり、

準備スピーチは日本語3本、英語1本です。

 

まず、M村さんとH原さんがアイスブレーカーとして、

それぞれ素晴らしいスピーチをして下さいました。

M村さんは「道楽に生きる」、H原さんは「Life in Paris」というタイトルで、

それぞれ自分のこれまでの人生について語って下さいました。

 

S田さんは、ちょうど誕生日が近かったこともあり、

「これまでの35年、これからの35年」というタイトルで、

今後の人生に対する想いをまとめていました。

 

最後はM林さんのスピーチ。

M・ペトルチアーニという夭折の天才ジャズピアニストの紹介です。

障害を持って産まれてながら、音楽を一生愛し続けた、

天才ピアニストの話を分かりやすく紹介して下さいました。

 

その後、テーブルトピックスは、初めてマスター、Y谷さんです。

ランダムに引いたモノをメンバーに売り込む、というユニークなお題。

忠実にモノについて話す人もいたり、仮想の世界に入って話す人もいて、

聞き手も存分に楽しむことができたと思います。

 

最後は、Kさんのもとでの論評セッション。

それぞれが厳しくも思いやりのある論評をしていました。

以前のスピーチからの成長を指摘しているメンバーもいて、

その成長の過程をみんなで共有することが出来ました。

 

なお、TMODは初めてのWさんが担当されています。

少ない人数ながらも存分に例会を盛り上げて下さいました。

 

これからも、メンバーみんなが、どんどんと新しい役割に挑戦して頂きたいと思います。

 

Best Speaker: M林さん

Best Evaluator: K窪さん

Best Table Topics Speaker: N臣さん
 

なお、この日の午前中にはエリア22のテーブルトピックスコンテストがあり、

そこに当クラブのメンバー4名が参加し、見事、Y谷さんが英語の部で優勝を飾りました!

次はDivisionコンテストへ進みます。

是非、みんなで応援したいと思います!!

第50回 テーブルトッピクス レポート

2012/09/25 20:13 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2015/06/01 6:20 に更新しました ]

今回は秋のテーブルトピックスコンテストです!

 

複数クラブが戦うエリアやディビジョンのコンテストに出場する候補を選ぶべく、

東京メトロポリタンクラブ内のコンテストを麹町区民館で開催しました。

いつもと違う緊張感に包まれつつも、参加者のやる気のおかげで、

東京メトロポリタンらしい、元気と温かい笑い声に満ちた例会となりました。

 

 

まず、日本語の実行委員長は、I藤が担当しました。

 

日本語セッションには、合計11名のメンバーがエントリー。

8月以降に入会された方も3名ほどいらっしゃる上、

他メンバーにとっても初めてのコンテストということで

非常にフレッ シュな感じで行われました。

 

トピックは、「休」という文字について考えることを話す、というもの。

聴衆にも質問が分かりやすいように厚紙に大きく字を書いて、

高く掲げるといった工夫をしてみました。

 

このお題を取り上げた主な理由は、

一人ひとりにとって、自分事として考えることが出来るので、

スピーチに気持ちが入りやすく、ユニークなスピーチが出易いということです。

 

質問を考えた私自身も、事前に想定回答を考えていましたが、

すぐにその内容、あるいは、それ以上に面白い着眼点が出てきて、

皆さんの発想の鋭さと頭の回転の早さに驚かされました。

 

特に優勝されたWさんは、私が用意した厚紙プレートをとっさに手に取り、

それを用いてスピーチを構成することで聴衆に分かり易い話をされていました。

その機転に脱帽です。

それ以外の皆さんも、字の形に着目して話をされたり、

ご自身の経験から得た教訓を共有したりと、非常にユニークな

発表をしていたのが印象的です。

 

 

なお、最終的な結果は、

1位: Wさん

2位: Kさん

となりましたが、2位のKさんがエリアコンテストへの参加を辞退したため、

1位のWさんと3位のIさんが1013日のエリアコンテストに進むことになりました。

おめでとうございます!!

 

 

一方、英語コンテストには8人がエントリー。

皆さん英語に自信のある方ばかりでハイレベルな戦いになりました。

 

お題は余命六ヶ月と医師に宣告されたらあなたは残りの日々をどう過ごしますか?というもの。

英語コンテスト委員長であるM林が、人によって違いがでて聴いていて面白いのではないか、と考え、

トピックに選定しました。

 

皆さん最初は戸惑うものの、すぐに堂々と聴衆を見据えてスピーチ。考える暇はないはずなのに英語ですらすらと話します。

それぞれ、やりたいと思うことを思い残すことのないようにやりきるという人もいれば、

逆に普通の日常生活をただ淡々と過ごしたいという意見も。家族の話には、出題者のM林もじーんときました。

聴衆も自分ならどうするかと考えながら、興味深そうに聴いていました。

 

結果は、

一位 Y谷さん 。サルサへの愛情に加え、絶妙なイントロ、日々を南米で過ごすことの理由づけがとても秀逸でした。

二位 I本さん。間もなく生まれるお子さんへの愛情がふんだんにこもったスピーチでした。
おふたりがエリアコンテストに出場決定です。おめでとうございます。
 

 

最後に表彰のあと、ゲストにいらしていただいた他のクラブの方にとても温かいコメントをいただきました。

このように、クラブを超えたサポートを頂けるのも嬉しいですね。

終了後のランチもいつも以上に盛り上がりました。

 

今回は初めてということもあり、必要なものが揃っていなかったり、

質問の際のトーンが毎回、違ってしまったり、審査時間を間違えそうになったりと

運営側の拙さも出てしまいましたが、メンバー全員が初めての正式コンテストに

参加、運営したという経験は、次の春のコンテストにも大きく役立つものでした。

 

次は個々のメンバーのスピーチスキル・経験も、運営能力ももっともっと向上させて、

すばらしいコンテストを開けるよう、努力していきます。

第49回 例会レポート

2012/09/09 5:50 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2015/04/12 18:49 に更新しました ]

第49回例会レポート

あいにくの小雨でしたが、本日の例会出席者はゲスト含め27人と過去最多を記録、
いつも以上に活気溢れる例会となりました。

本日のTMOMはS根さん。約1年ぶり?の司会とのことでしたが
スムース且つユーモア溢れる司会進行で会場の雰囲気を作られていました。

最初のウォーミングアップGood&NewはS木さんに、また計時・集計・文法等の役割は
ニューフェースの方々を中心にしっかりとサポートいただきました。

今週のニュースはGさんより、ドラエもんの誕生に掛けて100年後の未来を
考える、という考えさせられるトピックを紹介いただきました。

今日の準備スピーチは日本語3人、英語1人の合計4人となりました。
1番目のスピーカーはアイスブレーカーのM田さん、「私が今までの読書遍歴について」
と題し、これまでの半生のターニングポイントで読まれた思い出の本を実物とともに紹介され、
興味深い、印象的な自己紹介をされていました。
2番目のスピーカーはM浦さん、「まるい物の描きかた」と題し、りんごをりんごらしく
描くには?というアートなテーマをわかりやすく、ポイントを絞って解説いただきました。
美大ご出身というバックグラウンドを生かした面白いスピーチでした。
3番目のスピーカーはK枝さん、" the true "half" story"と題し、国際結婚で生まれた
"ハーフ"の方にスポットを当て、日本におけるその典型的なイメージや気苦労などについて
ユーモアを織り交ぜ紹介されました。
4番目のラストスピーカーはI江さん、「ラテンに聞け!」といういかにもIさんらしい
タイトルでご自身の滞在経験から南米と日本を比較し、幸せとは?を考えさせる、
聞かせるスピーチでした。

後半、まずテーブルトピックマスターはK枝(L)さんに担当いただきました。
日本の生活で感じた不思議なことやなぜ??と思うポイントなど、日本人回答者を唸らせる(笑)
質問で場を盛り上げていました。

論評の部は4人の経験あるメンバーにより、聞きごたえあるセッションとなりました。
A沢さん、Y谷さん、Kさん、Y越さん皆さん共通して言えるのは、スピーカーの良い点・
改善できる点をより具体的に説明されていたことではないでしょうか。
次のアクションにつながる改善提案はとても勉強になりますね。

本日ゲストの方からもポジティブなコメントをいただき、また1名が入会表明をされました。
これからますますの成長が期待される東京メトロポリタンTMCです。

ベスト・テーブルトピックス:T.Jさん
ベスト論評:Y谷さん
ベスト・スピーカー:K枝さん


第48回 例会レポート

2012/09/04 8:28 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2015/01/12 19:16 に更新しました ]

48回例会は、いつもと違い九段生涯学習館にて開催されました。今回は英語メインの

例会です。

まずは会長M林さんの挨拶によって始まり入会式を行ない、今回新たにN臣さんとM村さんが入会されますます活気あふれる例会となってまいりました。

TMOMはY口さんで、流暢かつ分かりやすい英語を話して頂き滞りなくスムーズに

行われました。


続いて今朝の言葉は、Jさんより『Passion/情熱』という言葉を紹介。

この言葉を例会中皆さん積極的に織り交ぜて発言され、より一層盛り上がりを見せました。

ウォーミングアップのGood and NewをM田さんが行った後、News of the week
K枝さんより英語にて発表。ロシアがWTOに加盟した話題を経済的な考察を交えつつ

ユーモアを交えて締めくくられていた姿が印象的でした。


今回メインプログラムの「Prepared speech」は3本、日本語2本と英語1本です。


まず初めに、今回アイスブレーカーとしてデビューされたF野さん。

タイトルはトルコで出会った私と題し、学生時代のトルコでの旅の過程で出会った

様々な出会いを通じて、次第に慣れない英語を使いつつ見知らぬ人にもオープンに

接する自分を発見し殻を破った体験を基に、日本に戻ってからもそうなるという決意

を持ったという話をされました。

私も英語を通じて人生の可能性を拡げてきた経験を持っているので、非常に共感を

覚えました。構成も時系列にわけてしっかりと説明され、わかりやすかったです。


続いてK窪さんから本物の努力、偽物の努力と称し、如何にしてスランプを脱却

したかと言う体験について発表されました。

友人から水泳の北島康介の話を聞き、多くの事を犠牲にしている訳ではなく泳ぐこと

自体が好きだから大きな成果を得ることができた事を知って、本物の努力とは物事を

好きになって楽しむことだと気づき物事を犠牲にする偽物の努力をやめたとの事。

好きこそものの上手なれとはよくいった物で、物事を楽しむことにフォーカスする事

の重要さを改めて認識させられました。また金メダル(のチョコレート)を首にかけての

スピーチがオリンピック直後の例会という事もあって注目を集めました。


最後に藤Yさんより、“Go analog in the digital world, then you can…”という

タイトルにて、筆跡を消せるペンのメリットを英語にて紹介。

デジタル機器全盛の現代において、あえてリアリティーを気軽に描けるメリットがある

という事でマインドマップ等に活用できる事や、高価な価格戦略の理由や一定の温度で

しか筆跡が現れないという知られざる機能について説明。

恐らく多くの方が知らない新鮮な事ばかりで、創造性を高めるツールとして利用できる

事を知ることが出来た、非常にためになったスピーチでした。


その後、Kさんより夏の思い出という事で、お土産を配る感覚でTable Topicstips

を箱の中に入れ、それをおみくじのように各自が選択し答えるというちょっと面白い形

で進みました。

楽しい経験あり、ちょっと苦労した経験あり、嬉しい事あり・・・と様々な経験を

知ることが出来ました。


論評の部では、藤Hさん、Jさん、S本さんがそれぞれのスピーチに対して論評を

行いました。S本さんの論評は目薬を実際に差しながら行ない、非常にインパクトを

与えつつ解りやすくアドバイスされていたのが印象的でした。


今回の受賞者は下記の通りです。

ベストテーブルトピックス:I本さん

ベストスピーカー:K窪さん

ベストエバリュエーター:S本さん


終了後、近くの韓国料理屋で昼食を取り例会中の話等で盛り上がりました。

ますますメンバーも増え、今後の盛会が期待できる確かな兆しを感じました!

皆様お疲れ様でした!!


第47回 例会レポート

2012/08/06 9:57 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2015/01/12 19:16 に更新しました ]

開催日: 84     開催場所: 神保町ひまわり会館 


今回はTM K窪さんが初のTMOMでした。 初めてとは思えないほどスムーズな進行のもとに、とても盛りあがる例会になりました。本日入会者が1名、入会表明者が2名ありました。ますます活気ある東京メトロポリタンTMクラブになりそうです。


TMOM TM K窪さん

GoodNewTM I籐(y)さん

今朝の言葉: 「Positive/積極的  TM I江さん

今週のニュース:TM S(n)さん   


今回は2名のアイスブレーカースピーチがありました。

TM I本さん  タイトル: positive emotion                   

TM I部さん  タイトル: 「トーストマスターが私に与えてくれたもの」

       

3番目のスピーカー TM I籐(h)さん タイトル: 「キリンの亡霊」

上手くユーモアと実話が取り入れられたスピーチでした。


本日唯一の英語でのスピーチは、TM Y谷さん タイトル: Womenomics

「日本」と「女性の雇用および出産」と「経済」との関係、影響について、とても分かりやすくスピーチされていました。


テーブルトピックス:M浦さん

夏、旅行にトピックスを絞り、比較的スピーチしやすいトピックで場が盛りあがりました。


今回のベストスピーカーはI部さん、ベスト論評者はWさん、ベストテーブルトピックはS木(n)さんでした。皆さんおめでとうございます!!


46th Meeting of Tokyo Metropolitan Toastmasters Club

2012/07/31 20:41 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2015/04/12 18:45 に更新しました ]

We had a 46th meeting on July 28th at the Jimbocho Himawari-Kan. It was very hot and humid from the morning.

 

TMOM was TM. Y and it was her first time to do this rule. However, she conducted the meeting on time and well organized.

TM. I gave the word of today. It was “Positive”. It was useful word, and many of members used the word on the meeting.

 

On the day, the Olympic game just started, and therefore TM.A talked about the Olympic player, Mr. Hiroshi Hoketsu. TM. Y conducted table topic master which was connected with Olympic game.

 

In the 3 preparation speech, TM.S had a first speech and title was Cheese-eye. He talked about his experience and dream by using metaphor “cheese eye”. TM. S introduced a book that tells how to live with just 1 million yen for one year. She gave the audience very impressive phrase “do only what you want to do”. TM. J presented the trip toward to Korea during Christmas break.

 

On the evaluation session, 3 TM members evaluated the preparation speech. TM. K, TM. I, and TM. M gave played the rule of evaluation.

 

Here is the Best TM member of each role.

 *Best Speaker: TM. J

 *Best Evaluator: TM. K

 *Best Table Topics: TM. J



After meeting, we went to the Indian restaurant and ate hot and spicy food on hot day.

第45回 例会レポート

2012/07/26 8:58 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2015/04/12 18:49 に更新しました ]

第45回例会は、いつもの神保町の区民館で行いました。
しかし、7月からトーストマスターズは、新しい期が始まります。

 東京メトロポリタンでも新しい体制でのスタートとなりました
そこで、いつもと趣向を変えた例会スタイルを取ってみました。
テーマ例会とまでは行きませんでしたが、例会前の役割確認のときに、
「あなたの夏バテ対策は?」ということで、
暑い夏を乗り切るための工夫を教えていただきました。
 やっぱりしっかり食べるのが一番いいみたいですね。

 例会プログラムも、すっきりA4縦の1枚にコンパクトにしてみました。
いつも横書で裏表なので、ちょっと新鮮だったのではないでしょうか?

また、今年の秋にはテーブルトピックスのコンテストがあるため、
コンテスト形式でのテーブルトピックスに挑戦です。
審査用紙もコンテストで使っているものを用意してみました。
 テーブルトピックスには例会日に誕生日だった新しい会員さんを
含めて5名の方に参加していただきました。
初めての挑戦にもかかわらず皆さん、堂々とお話しされていました。
しっかりと、制限時間である2分30秒近くまでお話しになられていたことに
感心しました。

 ついでに、スピーチの紹介もコンテスト形式で行なってみました。
基本マニュアルから3本。上級マニュアルから1本の計4本です。
 スズメバチの生態や眠りの効果、Iメッセージの話、釈明会見と
内容もバラエティーに富んだスピーチでした。

 いよいよ、論評の部に移ります。
論評を取り仕切る総合論評は、クラブのファウンダーでしたので、
論評者も安心してのびのびとした論評をなされておいででした。

 次からはまた通常例会に戻りますが、たまにはちょっと変わった
例会スタイルも取り入れてみると楽しいですね。

TMOM I藤



 ベストTT Y谷さん ベストスピーチ S本さん、 ベスト論評 I部さん

1-10 of 16