過去の例会記録‎ > ‎2011年‎ > ‎

東京メトロポリタンTMC 第23回例会レポート

2011/08/28 8:27 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2015/04/12 18:44 に更新しました ]
東京メトロポリタンTMC 第23回例会レポート
本日は青山生涯学習館で、表参道バイリンガルTMCと合同での第23回目の例会を開催いたしました。
例会は日本語の部と英語の部(English Session)に分かれていて、
前半が日本語、後半が英語にて行われました。
例会の流れは、普段とほぼ同様で"今日の言葉"、"今週のニュース"等から始まり、"スピーチ"、"テーブルトピックセッション"、"論評"に移り、
最後に受賞者の発表になります。

まず、例会は、本日のトーストマスターのNさんによる”グッドアンドニュー”というウォーミングアップで始まりました。
これは本日のトーストマスターからキャッチボールのようにボールを受け取った人が今週始めた何かいい事についてコメントをして、
次の人にボールを投げて続けていくという内容です。
これは表参道バイリンガルTMCでいつもやられている内容で、東京メトロポリタンTMCでは初めて。
これですっかり頭も体もあったまります。今後東京メトロポリタンでも採用しようか検討することにしました。
今日の言葉は"誠実(Integrity)”です。
メンバは本日の例会で、可能な限り、誠実(Integrity)という言葉をスピーチ等に即興で取り入れる事が求められます。

次に、本日のメインイベントの「スピーチ」、「テーブルトピックセッション」「スピーチに対する論評」が行われました。
スピーチは、日本語、英語、それぞれ2つで、合計4つのスピーチが行われました。
「私の名菜物語」では、発表者のYさんが、自身の中国滞在の経験を生かした漢方を用いた、野菜料理のお話をされました。
「買い物上手になるための4つの心得」では、実は買い物でストレスが溜まってしまうというTさんが、もう買い物でストレスをためない画期的な(?)
方法について伝授して頂きました。
"Walk the Talk(有言実行)"でAさんによると、「まずは、目標や理想について口にしろ」との事。
言ってしまったプレッシャーにより、行動もついてくるという内容でした。なるほど!
"What is Japan's Normalcy?"では、前代未聞の危機にたっている日本が、今しなくてはいけないことについてのスピーチでした。
周辺各国との比較による分析や、某政治家による書籍の引用をされるなど、かなり高度なスピーチでした。

 
論評はそれぞれのスピーチに対して行われました。
中でも「私の名菜物語」ではSさんが自らの専攻である心理学を用いた論評をしていたのが印象的。
テーブルトピックセッションでは、英語、日本語のそれぞれ2回のセッションを行いました。

最後に、「スピーチ」、「テーブルトピックセッション」「スピーチに対する論評」に対する受賞の発表です!!
スピーチでは、圧倒的なスピーチ力を見せていただきましたOさんの"What is Japan's Normalcy?"が受賞しました。

テーブルトピックセッションは、英語の部がTさん、日本語がSさんとなりました。


スピーチに対する論評では、Sさの論評が受賞しました。
 
おめでとうございます!!
 
今回は、表参道バイリンガルとの合同例会という事で、いつもとは違った場所・時間、違った雰囲気、違った内容での実施のため、とても新鮮な例会でした。
また、表参道バイリンガルは一足早めに、既にチャーター(正規メンバが20人を超えると国際大会に出ることを許可される)したクラブのため、
大変学ぶ事も多い例会でした。
今後も、周辺のクラブとの例会もしていきたいと思います。