過去の例会記録‎ > ‎2011年‎ > ‎

第12回例会レポート

2011/02/22 18:16 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2015/04/12 18:26 に更新しました ]
順番が前後しましたが、第12回レポートをお届けします!

第12回の例会を1月29日に神保町区民館で開催しました。
8月のクラブ立ち上げ以来、初めての第5週目の例会開催となりました。
元々、当クラブは第1、3、5週の土曜開催の規定ですが、出席者が少なくて、前回の10月は見送っていたのです。
メンバーが着々と増え、サポーターも大勢参加いただいたお陰です。

冬の土曜の朝は、例会の雰囲気が暖まるのも遅いので、今回は、開会前に発声練習をしました。今回の発声マスターはShuheiさん。朝イチの「ナマムギナマゴメナマタマゴ」は難しいですね。

今朝のトーストマスターはAnthonyが務めました。今回の準備スピーチは#1のアイスブレーカーから#10のCCファイナルのスピーチ、そして30分近い長尺の上級スピーチと、盛りだくさんの内容になりました。

1番目は韓国出身のTrentさんの日本語でのアイスブレーカー。英語もネイティブレベルのTrentさんは、日本語のパブリックスピーキングの修練が目的で入会されました。トリリンガルなんて凄いですね。そんなTrentさんの日本語修行中の明るい失敗談を織り交ぜた自己紹介のスピーチは、ユーモラスでとても#1と思えない完成度でした。

2番目はサポーターのKさんで、CC達成となる#10を当クラブでもお話しいただけました。名著の引用部分が朗読のようで、聞き手の好みはあるでしょうが、聞き応えがありました。

3番目は、会長Amiさんの上級スピーチ。上級マニュアル「ディスカッションのファシリテーション」から#2「ブレインストーム・セッション」。「持続可能なTM新成長戦略を作ろう」という課題を出して、ブレストの仕切りをしました。ファシリテーションは、かなり地道なスキルの積み重ねと経験が物を言う分野ですが、ツボを押さえたファシリテーター振りでした。

テーブルトピックスは今回は日本語。YusukeさんはTTマスターとなり、軽快にお題を振っていき、盛り上がりました。「センター試験で不合格となった友人を励ます」というお題で答えたゲストのNatsuさんが、ベストTT賞を受賞されました。

総合論評は、サポーターのNorimitsuにお願いしました。Trentさんのへの論評はサポーターのAlexさん、Tomoyaさんへの論評はTetsuroさん、Amiさんへの論評はAnthonyと、中堅ベテランが適切なアドバイスをしました。直前になってお願いしたAlexさんは、真冬の氷が溶けるような暖かい論評をしてくれました。Norimitsuさんは、例会の運営を含めて、丁寧な総合論評をしてくれました。

例会終了後の恒例、有志のランチはオーセンティックな中華料理「全○福 新館」を初訪問。本格中華を手頃な値段でわいわい楽しみました。食後に、Yusukeさんから広報担当副会長就任の立候補もあり、クラブの運営も軌道に乗ってきました。

ベスト・テーブルトピックス Natsuさん
ベスト論評         Anthonyさん
ベスト・スピーカー     Trentさん

(今朝のトーストマスター Anthony)