過去の例会記録‎ > ‎2010年‎ > ‎

第2回例会 開催報告

2010/09/13 4:55 に Tm Metropolitanian が投稿   [ 2015/04/12 18:11 に更新しました ]
第2回例会の開催報告を、当日司会を務めたKのさんからいただきましたのでご紹介します!



東京メトロポリタントーストマスターズクラブ(TMTMC)の第2回例会が9/11土曜9時半から、麹町区民館で開催されました。

当クラブのメイン会場と考えている、千代田区の麹町区民館は、有楽町線・麹町駅と半蔵門線・半蔵門駅から徒歩5分という至便な立地。
それなのに、国立劇場や老舗のお菓子屋さん、大使館や学校、そして低層の高級マンションが軒を連ねる文教地区、緑豊かな都心のオアシスという土地柄。
しかも、名門・麹町小学校と一体で再開発された施設は築7年と新しく、集会室もホテルのミーティングルーム並みの質感で、Authenticなクラブを目指す我がTMTMCにぴったりです!

なんだか不動産屋さんのセールストークのようですが、交通アクセスと環境の良さは、トーストマスターズクラブの運営が上手くいくための重要な要素ですからね。

さて、今回の例会も多くのサポーター(他クラブゲスト)の皆さんが設営から役割までお手伝いいただき、大成功でした。

今回は、表参道バイリンガルトーストマスターズクラブ(TMC)から3名、千代田TMCから4名、日本橋CTMCから2名、川崎TMCから2名、東西TMCから1名と、合計11名のサポーターにお手伝いいただきました。


早朝の役員会を済ませて、9時に会場に着くと、既にサポーター3名、K井さん、M浦さん、H岡さんが到着しているのには、驚いたり感激したりです。

毎月第2週目の例会は、日本語で司会進行とテーブルトピックス等を行い、準備スピーチはニーズに合わせてほぼ半々が基本構成です。

今朝のトーストマスターは、立ち上げメンバーである私、Kが務めました。
「今朝の言葉」は千代田TMCで一番爽やかなM浦さんが“爽やか”“refreshing”をご提示。早速、たくさんの人が使ってくれました。オリジナル・プログラムの「今週のニュース」は、TMTMC会長のF山さんが、「83.34」をお題に、最近の急速な円高を取り上げました。

準備スピーチは、まず、表参道BTMCのT村さんが英語で「Mid-Autumn Festival」という中国の風物詩をご紹介。英語で中国の伝統文化をとりあげるスピーチは、“メトロポリタン”な雰囲気を醸し出します。

続いて、日本語のスピーチが2本。表参道BTMCのS木さんが「ダークサイドからの生還」、川崎TMCのOさんが「振り返れば」と、人生の悩みと楽しみをインパクトのあるジェスチャーと豊かなボーカルバラエティで見事に表現。

最後は、Tozai TMCのTさんがauthenticな当クラブに相応しいシリアスなテーマをとりあげた英語スピーチ、“Abolish capital punishment”で締めてくれました。

テーブルトピックスは日本橋CTMCのT賀さんが、“東京”を話題に、個性豊かなサポーター陣を巧みに攻めて、3人のキャラを引き出してくれました。

トーストマスター最大のお役立ちセッションである論評の部は、千代田TMCのI田さんのコントロールの下、ベテラン~中堅のTM4名、F山さん、H岡さん、W田さん、SSさんが的確で建設的なフィードバックをしてくれました。

今回は2名の見学者が訪れ、そのまま有志とランチに総勢11名で繰り出して、石窯で焼いた本格ナポリ風ピザにかぶりつきました。

12時半過ぎには心もお腹も一杯になり、散会。
週末を有意義に過ごせるのも、土曜午前中のクラブの良いところです。
早起きは3文の得ですネ!

3賞は、
最優秀スピーチ: Oさん
最優秀論評: W田さん
ベストテーブルトピックス:W田さん
でした。おめでとうございます!