東京メトロポリタントーストマスターズクラブの特徴

東京メトロポリタントーストマスターズクラブは、2010年8月に第1回例会開催の新しいクラブです。(Charter日は2011年11月21日)

次のような特徴があります。
1. 土曜日クラブでは全国で最も早い、9時半開始のクラブです。 12時前には例会が終わり、任意参加のランチに参加した場合でも13時前には終了します。 ショッピング、家族との時間、休日出勤など、土曜の午後の時間を有効活用できます。

2. 都心初の、土曜朝バイリンガルクラブです。 郊外ではなく、あえて定期で通えるエリアにターゲットを絞ることで、都心勤務のビジネスパーソンが交通費をかけることなく参加できるようになってします。また、都心地域在住者にも通いやすい立地となっています。

3.「どちらかというと英語スピーチメインでやりたい、でも日本語も時には必要」という方には最適な例会構成です。 仕事上、英語でコミュニケーションをすることが多いけれども、母国語でも大勢の前で話すのは自信がないので基礎を同時に勉強したい。あるいは、日本語でのスピーチやプレゼンには経験・自信があるので英語にフォーカスを置きたい、でも英語だけでやるのは不安。といった方には、英語例会にやや比重を置いた東京メトロポリタンの例会構成はぴったり合うことでしょう。

4.日本語コミュニケーションを実践してみたい外国人にもフレンドリーなクラブです。例会外の各種連絡事項は、英語がデフォルト(共通語)となっています。第4・第5土曜日は、議事進行も全て英語です。そのため、生活や仕事でのメインの言語は英語、でも日本語での話し方も練習したい、とお感じの非日本語ネイティブの方にもフレンドリーなクラブ環境です。

5. 先生がいるのではなく、会員同士がお互いのスピーチのフィードバックを行うことで学べます。非営利団体のため会費も安く、続けやすいのが特徴です。

6. 何よりも、楽しく学ぶことを大切にしています♪ 例会後のランチ(任意参加)など、会員同士がお互いを知る機会も多くありますので、スピーチを学ぶだけでなく、仕事、年齢などを超えた仲間を作ったり、イベントなどを一緒に運営することで、社会人として必要なリーダーシップ力を同時に養うことができます!